人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分で簡単おつまみレシピ】チキンソテーのベシャメルソース添え

2016.02.21

【0:00スタート】

1.鶏肉の厚さを均等にする為に包丁で分厚い部分を観音開きにする。

【ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ】チキンソテーのベシャメルソース添え 【ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ】チキンソテーのベシャメルソース添え

このように、切り目を入れて開くのが、観音開きという切り方です。最後まで切らずに、肉の半分ぐらいまで包丁で切り目を入れて、開き広げる。

【0:15経過】

★ポイント

 鶏肉を焼いたことがある方なら「意外とお肉の中って火が入りにくくて、結局最後は電子レンジでチンしたから、お肉が固くなっちゃった」という経験ありませんか? 鳥もも肉は、厚さが均一ではありません。そのまま焼いてしまうと、火の通りにバラつきが出てしまいます。ひと手間かけて、厚さを均一にするだけで、仕上がりが全然違ってくるんです!

下処理ができたら、塩コショウで下味をつける。それを、熱したフライパンに油を引いて、ソテーする。

【ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ】チキンソテーのベシャメルソース添え

火加減は、最初は中火、少し表面が焼けたら、弱火にして、フタをしてじっくり火を通しましょう。

★ポイント

 昔から『魚身鶏皮』という言葉があります。これは焼き物をする時の基本の言葉ですが、要はどちらの面から焼くかという時に、魚は身から、鶏は皮から焼いたほうがいいということです。昔、七輪で焼き物をしていた時代にできた言葉ですが、魚は皮から焼くと、皮が網に焼きついてしまうから身から焼くのです。鶏は皮から焼くことで脂を落としながら、パリッとした表面に仕上げるため、皮から焼く。料理によっては逆面から焼いたほうがいいこともありますが、基本はこの『魚身鶏皮』で焼けば、間違いなしです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。