人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

30種以上のトッピングが回転寿司風に回るオリジナルパフェブースも!世界のショコラが集う祭典「アムール・デュ・ショコラ」1月22日から開催

2020.01.10

オリジナルパフェが作れる回転スイーツ「パフェ ゴー ラウンド」 

 横浜店、新宿店、日本橋店の3店限定で、オリジナルパフェが作れる回転スイーツ「パフェ ゴー ラウンド」が登場。「モンサンクレール」の辻口博啓シェフが監修した、スポンジ、ムース、ジュレ、クリーム、アイス、シリアル、フルーツ、マカロン・チョコのトッピングを30種類以上用意。回転ずしのように回転レールに載ってやってくるトッピングから、好みで6皿まで選んで、自分だけのオリジナルパフェを作ることができる。組み合わせはなんと10万通り以上だとか。1回ドリンク付きで1980円。 

「最初、企画の聞いたときは、こんなとんでもないことを考えるのは髙島屋さんぐらいだなと(笑)。でも、自分で作り上げて食べるというコンセプトは今までなかったので、バレンタイン企画としてはすばらしいものだと思う。

 トッピングはショコラと相性の良い素材を用意。素材のひとつひとつにこだわりのあるもので、どれを組み合わせてもバランスの良いパフェができると思う。コンセプトは“自分ファースト”。組み合わせにルールはなく、自分の好きなものを選べばOK。ワクワクしながら自分の大好きなものを集めて作って食べて、気持ちをリフレッシュしてから、大事な人へのバレンタインチョコを選んでほしい」(辻口シェフ)

 発表会では、チョコ尽くしのトッピングで辻口シェフが実演。クリームをうまく盛るコツは「のせるときに息を止める」。夢中になり過ぎて息苦しくならないように注意!

【AJの読み】自分へのご褒美チョコはどれにしよう?

 さまざまなコンセプトのチョコレートが勢ぞろいで、選ぶのに苦労しそう。試食で個人的に気に入ったものは3ブランド。枡に見立てたショコラの中に、京都の酒米「祝」を使った日本酒のジュレが入った、見た目も美しいベルアメール 京都別邸の「瑞穂のしずく 日本酒」(5個入・1620円)。日本酒のジュレがチョコととてもよく合う。

 フルーツの素材感を凝縮させた生チョコレート、メリーズ パーラー「白桃ローズの生チョコレート」(756円)、マンゴー柚子が特に気に入った、イースク「セレクション6 髙島屋限定」(6個入・2484円)は、フルーツのフレーバーが存分に楽しめるチョコレート。

 日本初上陸としてお目見えしたブランドから、ジュリアン・デシュノ氏が来日。プラリネのおいしさもさることながら、さつまいもパウダーでコーティングした「カカオニブドラジェ」は甘さ控えめで、カカオニブの苦味とミルクチョコのまろやかさ、さつまいもの自然な甘みが調和したおすすめの一品。

 またヴァンセンヌの店舗でのみ販売している、ビスキュイ(ビスケット)の実演も(注・日本での販売はなし)。ヘーゼルナッツをたっぷりと使ったビスキュイ(クッキー)の上に、キャラメルバニラクリームと、ヘーゼルナッツクリームの2種をトッピング。

 大胆にポンポンとクリームをのせていく様子に驚いたが、素朴だが風味のあるビスキュイに香ばしい2種のクリームが相まって幸せな気分に。ボリュームもあり、パリジェンヌは朝食として1枚をコーヒーと一緒に食べるのだとか。フランスに行く機会があればぜひ試してみて。

文/阿部 純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。