人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メガネやリングも登場!AIアシスタントを搭載した次世代ヒアラブルガジェット6選

2020.01.30

HEAD PHONES

[Device]ヒアラブルTECH

ヘッドホンとウエアラブルデバイスを組み合わせたもの。関連デバイスが盛り上がる

 アップル、グーグル、アマゾンなど、IT業界の巨人たちがスマートスピーカーの次に見据えるのが、「ヒアラブルデバイス」だ。耳を塞がないスピーカー内蔵のメガネや、周囲の音も取り込める完全ワイヤレスヘッドホンなど、長時間着けっぱなしにできて、必要な時にAIアシスタントを呼び出せる製品が続々登場している。天気予報やSNSメッセージのチェックくらいなら、ハンズフリーで操作できる。

 話しかけるだけの音声操作は、子供から高齢者までタッチ操作が苦手な人でも直感的に使える。ポストスマートフォンとまではいかないかもしれないが、2020年には、今スマホでやっていることの一部がヒアラブルデバイスに移行している可能性は大きい。視線がディスプレイから開放されるため歩きスマホが減る一方で、人の話を聞いていない人が増えそうだ。

HEAD PHONES

ヘッドホンはワイヤレスが主流。いずれもノイズキャンセリングや、リダクション、外音を取り込める機能があり、着けっぱなしでスマートフォンの音声アシスタントを活用できる。

スマホと連動して音声アシスタントを活用

Google『Pixel Buds』

Google『Pixel Buds』

Amazon『Echo Buds』

Amazon『Echo Buds』

Apple『AirPods Pro』

Apple『AirPods Pro』

RING

マイクとスピーカーを搭載した指輪型デバイスで、指を口元に持って行ってAmazonが開発したAIアシスタントの「アレクサ」に話しかけて使用する。まずはアメリカにて招待制で先行販売される。

アレクサに話しかけられる最小デバイス

Amazon『Echo Loop』

Amazon『Echo Loop』

Amazon『Echo Loop』

トリガーワードを発しなくてもボタンを押して使用可能。SからXLまで4サイズある。

FRAME

メガネ型のヒアラブルデバイス。耳を塞がず、SiriやGoogleアシスタントを呼び出せる。Amazonも米国でスマートスピーカー一体型のメガネフレームを発表している。

メガネから聞こえる、話せるという新発想

Bose『FRAMES ALTO』

Bose『FRAMES ALTO』

Amazon『Echo Frames』

Amazon『Echo Frames』

取材・文/太田百合子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。