人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実現するかも!?東京オリンピックは近未来のパブリックビューイング「3.5次元観戦」で応援できるか

2020.01.25

東京五輪を3.5次元観戦

[Public Viewing]3.5次元観戦

目の前にプレーヤー本人がいるような、驚異のパブリックビューイングが登場する

 2020年は、世界のどこにいても圧倒的な臨場感でスポーツやライブ中継を楽しめる時代になる。2015年からNTTサービスエボリューション研究所が開発を進めてきた「Kirari!」は、遠方にいながらスポーツやコンサートを圧倒的な臨場感で体験できる技術。競技会場で選手だけを切り出してモニターへ伝送、選手以外の情報や音響空間を組み合わせて、空間をまるごと再現することができる。さらに複数の4Kカメラで競技場を分割して撮影し、リアルタイムで1枚の巨大スクリーン上に合成して映し出すことで、横12Kの超高精細な中継が行なえる。そして音は、会場内に複数の仮想音源を作る「高臨場音像定位技術」によって、スピーカーのない所から音が飛び出すなど従来の立体音響とは別格の音像感を作り出す。この2つをはじめとする最新テクノロジーを駆使したリアルタイムコンテンツの配信を、大容量・低遅延を特徴とする次世代通信方式5Gとの組み合わせなどでスムーズかつクリアに実現する。

東京五輪を3.5次元観戦、可能性はゼロではない

東京五輪を3.5次元観戦

Perfumeの世界3大都市コンサートや、歌舞伎の演出などに活用された実績がある。本サービスは未定だが、東京五輪のタイミングで動きがありそうだ。

取材・文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。