人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京オリンピックで日本が金メダルを獲得しそうな競技TOP3、3位体操、2位水泳、1位は?

2020.01.10

今見ても感動すると思う「昭和」「平成」のアニメ 1位「ドラえもん」 2位「サザエさん」 3位「ONE PIECE」

全回答者(1,000名)を対象に、今見ても感動すると思う「昭和」「平成」のアニメを尋ねる調査が行われたところ、1位「ドラえもん」(58件)、2位「サザエさん」(40件)、3位「ONE PIECE」(30件)、4位「フランダースの犬」(25件)、5位「SLAM DUNK」(22件)となった。

それぞれのアニメのどのようなところに感動するか尋ねる調査が行われたところ、1位の「ドラえもん」については「のび太とドラえもんの友情は最高(30代男性)」など、友情や絆が描かれている点に感動するとの回答が多く挙げられた。

2位の「サザエさん」については「何でもない毎日が描かれている(60代女性)」などの回答が挙げられた。ほのぼのとした家庭のエピソードに、心が温まる人が多いようだ。

男女別にみると、男性の2位は「ONE PIECE」(18件)、3位は「機動戦士ガンダムシリーズ」(14件)、女性の2位は「サザエさん」(29件)、3位は「フランダースの犬」(15件)という結果に。世代別にみると、50代の1位は「サザエさん」「フランダースの犬」、60代の1位は「サザエさん」となった。

東京2020オリンピックでの日本の金メダル 予想平均は17個

全回答者(1,000名)を対象に、東京2020オリンピックで、日本が金メダルを何個獲得すると思うか尋ねる調査が行われたところ、「20~25個未満」(24.6%)や「15~20個未満」(20.4%)、「10~15個未満」(18.8%)に回答が集まり、平均は17個となった。

これまでの夏季オリンピックで日本が獲得した金メダルの最多記録は、1964年東京オリンピックと2004年アテネオリンピックでの16個となっている。

また、日本オリンピック委員会(JOC)が掲げる東京2020オリンピックでの金メダル数の目標は30個とされている。「30個以上」との回答は、全体の1割(10.6%)となった。

 

続いて、全回答者(1,000名)を対象に、東京2020オリンピックで、日本が金メダルを獲得すると思う競技を尋ねる調査が行われたところ、1位「柔道」(50.6%)、2位「水泳」(50.1%)、3位「体操」(36.7%)、4位「野球・ソフトボール」(36.0%)、5位「レスリング」(33.3%)となった。

“日本のお家芸”といわれている柔道での金メダルを期待している人が多いようだ。男女別にみると、女性では「水泳」(55.6%)が1位となった。

東京2020オリンピックで、試合会場で観戦できたら感動すると思う競技 1位「水泳」

また、全回答者(1,000名)を対象に、東京2020オリンピックで、試合会場で観戦できたら感動すると思う競技を尋ねる調査が行われたところ、1位「水泳」(14.2%)、2位「陸上競技」(14.0%)、3位「サッカー」(12.6%)、4位「野球・ソフトボール」(12.4%)、5位「ラグビー」(12.3%)となった。

記録が期待される水泳や陸上競技を、試合会場で観戦したいと考える人が多いようだ。

男女別にみると、男性では「サッカー」「野球・ソフトボール」(いずれも15.6%)が1位となった。女性では「バレーボール」(16.2%)や「体操」(15.4%)が高い割合となった。

※スカパー!調べ

<調査概要>
調査タイトル:今年の感動ランキング2019
調査地域:全国
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする15歳~69歳の男女
調査期間:2019年11月28日(木)~11月29日(金)の2日間
調査方法:インターネット調査
有効回答数:1,000サンプル
(内訳)
男性500サンプル/女性500サンプル(各年代で概ね均等になるように抽出)
実施機関:ネットエイジア株式会社 (調査協力 ネットエイジア株式会社)

出典元:スカパーJSAT株式会社
https://www.skyperfectjsat.space/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。