人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年の大型台風で自宅が被害に遭った人は15%、被害に遭っていない人の半数が対策は何もせず

2020.01.08

昨年2019年は、記録的な豪雨や台風による被害が大きな社会的関心事となった年だった。これを機に自宅の防災対策を講じた人も多かったに違いない。

そんな「住宅の自然災害」に関する意識調査がこのほど、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国329人を対象にして行われた。

自宅被害1位『壁にひび』、2位『屋根の破損』、3位『雨漏り』

内閣府の非常災害対策本部が発表した「令和元年台風19号等に係る被害状況等について(12月2日14:00現在)」によると、この台風の住家被害は91,217棟に及んだ。

この台風に限らず、近年自然災害が多い印象だ。そこで、自宅が自然災害被害に遭った人はどのくらいいるのか尋ねる調査が行われたところ、『ある』(15.2%)、『ない』(84.8%)となり、7人に1人強が被害に遭っていたことがわかった。

「被害に遭った」人は、当時どのような住居に住んでいたのだろうか。最も多かったのは『戸建て(持家)』(74.0%)で、『集合住宅(賃貸)』(10.0%)、『集合住宅(持家)』『戸建て(賃貸)』(共に6.0%)、『実家』(4.0%)となり、戸建て率が高いことがわかった。

次に、「いつ被害に遭ったのか」尋ねる調査が行われた。『東日本大震災』(20.0%)、『令和元年台風19号』(16.0%)、『阪神・淡路大震災』(12.0%)、『令和元年台風15号』(8.0%)、『大阪北部地震』『平成25年台風26号』(共に4.0%)、『その他』(42.0%)となり、去年の台風だけでも28.0%の人が被害に遭っていることがわかった。

続いて、「どのような被害に遭ったのか」尋ねる調査が行われたところ、『壁にひび』(30.0%)が最多で、以降、『屋根の破損』(28.0%)、『雨漏り』(22.0%)、『床下浸水』(12.0%)なった。

また、『その他』(18.0%)でも、「ベランダが吹き飛ばされた」(千葉県)、「壁クロスが雨で濡れて剥がれた」(東京都)、「ガレージが半壊」(愛知県)など、去年の台風被害が目立った。

では、被害後はどのような対策をしたのだろうか?『修理』(56.0%)が半分以上占め、『点検』『補強』(共に10.0%)、『保険加入』『リフォーム』(共に8.0%)となったが、『検討中』(10.0%)、『まだしていない』(14.0%)など、対策をしていない人が多いのも気になる。

半数超が『防災対策はまだしていない』!“自分は大丈夫”という根拠のない自信か!?

今度は、「被害に遭っていない」人を対象に、「現在どのような住居に住んでいるのか」尋ねる調査が行われた。『戸建て(持家)』(59.5%)、『集合住宅(持家)』(21.9%)、『集合住宅(賃貸)』(10.0%)、『実家』(4.3%)、『戸建て(賃貸)』(2.5%)、『社宅・官舎・寮』(1.8%)となり、被害に遭っていない人は遭った人よりも集合住宅率が倍高いこともわかった。

次に、「今後、自然災害の被害に遭わないように何か対策をしたか」尋ねる調査が行われた。昨年は深刻な台風被害が多い年だったが、『まだしていない』(53.0%)が半分以上もいた。以下、『保険加入』(21.5%)、『ハザードマップの確認』(11.8%)、『検討中』(8.2%)、『点検』(6.8%)と続き、決して多い数字とは言えない。

日本は、自然的条件から外国に比べ、台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの自然災害が発生しやすい国土だ。自然災害は、時として想像を超える規模で襲ってくる。昨年の台風でも様々な地域の被害が報道された。だからこそ、日頃から防災対策をしておくことで、被害をできるだけ少なくすることができる。ご自身の身を守るためにも最低限の対策をしておいてはいかがだろうか。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年11月11日~12月1日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国329人

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。