人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小規模事業者でも手軽に導入できるFutuRocketの激安AIカメラ「ManaCam」

2020.01.07

FutuRocketは1月7日から10日までラスベガスで開催されるCES J-Startupパビリオンにて、 スモールビジネス向けに開発中のAIカメラ「ManaCam」を発表、 初展示する。

AIカメラが世界を大きく変えているが、 顔認証で使える無人コンビニや、 行政向けのスマートシティなど、 導入にあたっては一定の予算が必要なのが現状。

FutuRocket社は、 小規模事業者でも手軽に導入できる、 1万円以下の価格帯のAIカメラを提供。 また業者に依頼しなくても自分で配線工事などをしなくても設置が用意となるよう、 USB端子以外にも、 電球ソケットから給電できるようにしている。

AIを使ったDX(デジタルトランスフォーメーション)に誰でも、 手軽に取り組めるようにし、 デジタルではページビューなどで当たり前となっている利用者数の把握を、 リアルの世界でも、 手軽に利用者数の集計ができるようにする。

小売店であれば、 レジの集計により購入者の人数は把握できているが、 来店者がどのくらいいるのか、 来店者に対して、 何%の人が購入しているのかを把握できている事業者はそう多くない。 こうしたビジネスに必要となる情報を誰でも容易に把握できるようにする。

スモールビジネスの事業者の他、 コワーキングスペースやオフィスの会議室やイベントスベース、 展示会のブースでの来場者数向けに提供する。

また1月下旬からFutuRocket社が採択されたYOXO Acceleratorプログラムにより横浜市、 および渋谷区のコミュニティスペースEdgeOfにて実証実験を行なう予定だ。

CESでスマートIoTトイレットペーパーホルダー「カミアール」も展示

CESでは、 北九州でIoTアクセラレータプログラムにTOTO社によって採択されたことが経緯で開発した、 スマートIoTトイレットペーパーホルダー「カミアール」の展示も行なう。

なおカミアールは、 スタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」×神戸市に採択され、 2020年1月下旬から神戸市にて実証実験を行う予定。

北九州市での実証実験の様子

出展情報
CESとは1967年から続くCESは世界最大級のテックトレードショーで、 米国・ラスベガスで開催。 CES2019は参加者数175,000人、 4,500企業、 1,200スタートアップが出展。
開催日時:2020年1月7日(火)~10日(金)
会場:CES Eureka Park (Sands Expo 1階)ブース番号
J-Startupパビリオン内 52702

関連情報: http://futurocket.co

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。