人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幼児教育・保育の無償化で負担が軽減されたお金は何に使う?

2020.01.02

幼児教育・保育の無償化の導入は、保護者の子育て意識にどのように影響しているのだろう。 今回ベネッセコーポレーションは、全国の3~5歳の幼児を持つ保護者1,444人に、無償化での負担軽減分の用途や、幼児期に教育費をかけて期待することを中心にアンケート調査を実施した。

幼児教育・保育の無償化で負担が軽減されたお金の用途

調査の結果、負担の軽減分の用途の1位は「子どもの将来のための貯蓄・保険料」(31.0%)、2位は「子どもの教育費など」(29.5%)であることがわかった。

教育費をかけて子どもに期待することは、「いろいろなことへの興味関心をもつこと」(47.4%)をはじめ、「目標を決めてがんばる力」(43.2%)や「集中して物事に取り組む力」(43.1%)といった「学びに向かう力」を身につけることへの期待が高い傾向が見られた。

また、「基礎的な体力や運動能力を身につけること」(47.2%)や「身体を動かす楽しさを感じること」(43.5%)にも期待の高さが見られる。

教育費をかけて子どもに期待することについては、興味関心や集中力、目標を決めてがんばるといった「学びに向かう力」に関連する項目が高い傾向がみられる。

ちなみにベネッセ教育総合研究所が2012年以降取り組んでいる縦断調査では、幼児期に「学びに向かう力」を身に付けることが、児童期以降の主体的な学習態度や言葉のスキル、思考力につながることが明らかになっている。

幼児期に「学びに向かう力」を身につけるには遊び込む経験や親子での言葉遊び、一緒に数を数えるなどの知的なやりとり遊びが有効だ。

このような幼児期にふさわしい遊びを通して「学びに向かう力」を身に付けることが大切だろう。

調査概要

調査対象:3歳~5歳の幼児の保護者1,444人

調査期間:2019年9月13日~16日

調査方法:インターネットでのアンケート調査

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。