人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使い勝手抜群!仕事や勉強の効率がアップするおしゃれなオーガナイザー3選

2020.01.09

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 ここ最近「オーガナイザー」と呼ばれる類のバッグを目にする機会が増えた。身の回りで必要なモノをひとまとめにしてくれる比較的小型のバッグ、もしくはバッグインバッグのことだが、「必要なモノをひとまとめにしてくれる」というのはあくまで機能のこと。これらが私たちにとって有益なのは、そうした機能によって仕事・勉強の効率が上がるという価値があるからだ。必要なモノが同じ個所に揃っていることによって作業を開始する時間を短縮することができるし、作業中にモノを探す時間を省略することもできる。そんなオーガナイザーたちの中から今回は個人的にお勧めの製品たちを紹介しよう。

魅せる革製のバッグインバッグ『KAKURA/5レザーポケット』

 世の中に出回っているバッグインバッグを見て個人的に気分が萎えてしまうのは、いかにもバッグの中という裏方で使われるデザインをしているからだ。他人に見せない部分の優先度を下げる、というのは確かに1つの考え方ではあるが、使いユーザー自身の気分を下げてしまうのは問題だと思っている。その点、この『KAKURA/5レザーポケット』はむしろユーザーの気分を上げてくれるバッグインバッグだと思っている。なにせ素材には牛革を用いているので視覚・触覚・嗅覚のさまざまなチャネルからユーザーの所有欲をくすぐってくる。牛革を縫い合わせて5つのポケットを設けた製品なので、手帳・携帯・デジカメ等、身の回りのものを仕分けしながら収納することができる。また、機能を割り切ってカバー等を設けていないので、ペットボトルといった高さのあるものも収納できるようになっている。もちろん『KAKURA/5レザーポケット』だけを取り出して会議等に出かけても恥ずかしくないデザインなので、積極的に魅せていくのも良いだろう。SサイズとLサイズの2種類のサイズがあり、Sサイズは税込み7,150円、Lサイズは税込み8,800円。カラーナインナップはブラック・アンティークブラウン・レッド・クロコグレーの4色展開のようだ。

新幹線や飛行機での移動中に必要なモノをひとまとめにする『TRAVINE by Georiem』

 新幹線や飛行機といった手段で移動している時に出くわすのが、「移動中に必要なモノ」と「移動中には必要ないモノ」があるという事実。2つのモノを1つのバッグに収納してしまうと、わざわざ大きなバッグからモノを取り出さないといけないといった面倒な事態になる。そんな経験をした人なら誰でも興味を持ちそうなのがこちらの『TRAVINE by Georiem』である。製品のコンセプト自体が「乗り物の座席で必要なものを1つにまとめる”トラビジ”ショルダー」となっており、乗り物の座席での作業効率アップを目指した製品となっている。特徴はショルダーバッグの形状でありつつ、座席テーブルでは自立して中身が一目で視認・取り出しやすい構造をしているので、座席についたらすぐに作業を開始することが可能だ。もちろん自立して中身が一目で視認・取り出しやすいバッグというのは世の中にすでに出回っているものがあるが、それらはどれも大ぶりなものが多い。新幹線・飛行機の座席で快適に過ごすための最小限のサイズ、ということまで配慮されたバッグは今のところないのではないかと思う。カラーラインナップはグレー・ブラックの2色でクラウドファンディングサイト「Makuake」では3,984円の出資から入手することができたが現在プロジェクトは終了している。一般販売が待ち遠しい製品の1つだ。

趣味の道具たちを使いやすく収納する『cohana 三河木綿の巻き道具入れ』

 若い頃はモノを沢山持っていること・価格は高いモノをもっていることから満足感を得ていたものだが、歳を取るにつれてその心情にも変化が起きてきた。つまり、本当に自分の気に入ったモノであれば価格が高くある必要はなく、しかもそうしたモノの数はごく限られた数でよいと思うようになったのだ。私の場合はその対象が文房具に向かうことが多いのだが、人によってはその対象が裁縫道具や楽器のメンテナンス用品になることもあるだろう。それら、自分にとっての「一軍選手」を収納するのにぴったりなのがこちらの『cohana 三河木綿の巻き道具入れ』だ。名前が示す通り本体の素材に使われているのは愛知県・東部で織られてきた三河木綿。それを刺し子織りと呼ばれる手法で織ることにより高い耐久性を持たせている。カバーを外して現れるのは大小のポケットで、3つある縦長ポケットには長さ18㎝のモノまで収納できるとのこと。私だったら万年筆・ボールペン、(合唱をやっているので)音叉などを収納するだろうか。小さいポケット1つには消しゴムやフラッシュメモリといった小型のモノの収納に向いている。また、ファスナー付のポケットも設けられているので、こちらにはクリップや(服の)ボタン等、道具入れの中で散らばりがちなモノを収納すると良いだろう。刺し子の色合いと帆布のカラー、白なめし革の色の組み合わせから、4種類のバリエーションが用意されているので、色合いなどは「アシストオン」のオンラインストアの方でチェックしてもらいたい。価格はいずれも税込み8,580円。  

text/Wataru KOUCHI 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。