人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働き方改革でどう変わった?管理職の6割が「残業時間は変わらず」

2020.01.01

働き方改革における管理職への影響と変化

今、「残業削減!」という会社が立てた錦の御旗を守るために、“身代わり残業”にあえぐ中間管理職が増えている。部下に残業をさせるな!と上からせっつかれるも、業務の効率化にも限界があるのが現状だ。

そこでリクルートスタッフィングは、企業で働く中間管理職412人を対象に、『働き方改革における管理職への影響と変化』に関する調査を実施した。

調査結果のポイントは下記のとおりだ。

4月以降も「6割の中間管理職」が残業時間が変わらないと回答

「仕事量が増えている」と3割が回答。残業の理由として、管理業務に次いで「部下のサポート業務」が挙がる。自身の残業時間も延ばせない中、業務負荷は増える“ボスジレンマ”を抱えている姿が浮かび上がる 。

中間管理職の残業削減に足りないスキルは統率力とジョブアサイン力

「リーダーシップ・意思決定」や「プロジェクトマネジメント」といった統率力に関する項目および「仕事を振り分けるスキル」というジョブアサインに関する項目が高い結果に。 一方、残業時間を削減するための実施施策としては「無駄な業務の削減」がトップに。

時短人材に任せたい業務、1位は「スキルや知識を要する専門業務」

チームマネジメントの中で時短人材を活用している人に、今後、時短人材に任せたい業務を聞いたところ「スキルや知識を要する専門業務」と回答する人が6割となった。

“働き方改革関連法”施行から半年。河合薫氏がみる“働き方改革”

働き方改革を進めれば進めるほど管理職の労働時間は増すばかりです。 そもそも残業削減が働き方改革の代名詞になっていますが、「残業削減」だけに手 をつけたところで問題は解決しません。

そこで働くすべての社員が「生き生きと働ける 職場」をゴールにすることが肝心です。 そのためには会社の要である管理職の健康にもっとクローズアップすることが必要不可欠。並行して、中間管理職は一人きりでがんばるのではなく、周りの傘を借りて パフォーマンスを向上させなくてはなりません。 

それは雇用形態や性差、年齢で区別するのではなく、すべてのメンバーが互いを尊重し、「1+1=3、 4、5・・」のチーム力の高いチーム作りに直結します。 個人のパフォーマンスは個人の能力だけではなく、「同僚との関係性」に支えられていることを、自立、 自己責任ばかりがクローズアップされる現代社会だからこそ、もっと知ってほしいと心から願います。

調査概要

期間:2019年7月12日~7月13日 方法:インターネット調査
対象:従業員数300人以上の企業に勤める25~65歳の管理職(412人)

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。