人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

eSIMが普及しても法改正の影響でMVNOにとっては冬の時代がやってくる?

2019.12.31

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はスマホ業界の2019年について議論します。

スマホ業界が政治に振り回された

房野氏:電気通信事業法の改正、コード決済の盛り上がり、ファーウェイの問題やYahoo!とLINEの統合などもありましたが、改めて2019年のスマホ業界を振り返ってもらえますでしょうか。

房野氏

石川氏:個人的には総務省に振り回された1年でした。業界全体が総務省に振り回された気がします。auの「アップグレードプログラムDX」が1か月しか保たなかったりとか。結果としてわかりにくくなった。何も変わっていないんだけど、わかりにくくなったような気もするし、総務省がやったことは何も問題を解決していないような気がするし。まぁ、激動の1年だったなと思います。

石川氏

法林氏:お役所に振り回されている感は毎年変わらない。2018年も2019年も総務省に振り回されたけど、2019年はスケールが広がって、ファーウェイの一件があったように、国際的にも政治に振り回された感があった。
 端末に関しては、折り畳みで少し新しい道筋が見えた感がある。カメラは相変わらずの進化で、さすがに「P30 Pro」で50倍の月が撮れるのはすごいと思うし、まだどこも追いついていない。あれこそ“作った絵”ではあるんだけど、来年もそこを期待したいです。

P30 Pro

法林氏

石野氏:そのうち満月じゃなくても満月が写せたりするかも(笑)

石野氏

法林氏:月にカメラを向けたら自動的にその時期、その場所の月が撮れるとか。P30 Proで撮れた月も本物だって保証はないからね(笑)

石野氏:星が見えなくても、空に向けて撮ったら、そこにあるはずの星が浮かんでくる(笑)

法林氏:それ、違う。それはAR(笑)

石野氏:高度に発展したコンピュテーショナル・フォトグラフィーはARと区別が付かないっていう。
 2019年はそうですね……確かに総務省の方針がコロコロ変わって、いきなり契約解除料を1000円に下げるとか、よくこんなことを半年程度で、1年もかけずにみんなやったなという。キャリアのみなさんお疲れ様ですって感じです。ただ、最終的にはユーザーもそれに振り回されることになる。本当によろしくないなと思います。
 増税というリミットがあって、電気通信事業法をそれまでに改正しなきゃいけないってことはわかるんですけど、もうちょっとやりようがあったんじゃないかなって感じはしています。あと、楽天にも振り回された1年だった。サービスインをすごい期待して待っていたのに、無料サポータープログラムになり、そして僕はその抽選に外れ……(笑)

楽天モバイルが2019年10月1日から10月7日に募集した「無料サポータープログラム」

法林氏:いや、期待通りでしょ。

房野氏:そうですね、私は非常に快適に使わせてもらっています(笑)

法林氏:テザリングの心配が一切ない(笑) 年末、海外に行くので使いまくってやろうと。

石川氏:先日、海外出張で使いましたけど、めっちゃ良かったですよ。

房野氏:今、使っているユーザーが5000人だから快適なんだということを忘れてしまって、聞かれたらすごくいい感想を言ってしまうんですよね。

石野氏:海外で使えるのも、それはOrangeの実力なんじゃないかと。

法林氏:そうなんだよね、金を払っているだけだからね。世界中、どこに行ってもそれはできる話。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。