人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、最も傑作だったのはどれ?

2020.01.03

2010年代に入ると、スマートフォンは多くの人が利用する携帯電話になっていく。

時代を開拓した『iPhone』もデザインを刷新。『iPhone 4』は新時代にふさわしい最先端のスマホとして進化しいく。

そして、2011年に発売された『iPhone 4S』は、ソフトバンクに加えてKDDI(au)からも発売される。

iPhoneは日本の携帯電話業界を根底から変えていくことになる。

①2010年:デザインを刷新してスクエアとなった『iPhone 4』が発売される

2010年6月24日にソフトバンクからiPhone 4が発売された。

ガラスとステンレスを組み合わせ、スマートなスクエアデザインへと進化。ブラックが先に発売され、ホワイトは発売が延期されるも、2011年4月28日にソフトバンクから発売された。

画面サイズは3.5インチと変わらないが、解像度は大幅にアップ。640×960ピクセル、ピクセル密度326ppiを実現した。これは、人間の目が点を認識する、300ppiを超える精細さで、アップルはこれを「Retinaディスプレイ」と名付けた。

カメラも500万画素へと進化。フロントカメラも搭載して、ビデオ通話の「FaceTime」が利用可能となった。

OSは名称を変更して「iOS」となり、本機は「iOS 4」を採用する。このiOS 4はマルチタスクに対応し、また、ホーム画面でフォルダ機能が利用できるようになった。

『iPhone 4』

<仕様>
サイズ:高さ115.2mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
画面サイズ:3.5インチ
重さ:135g
カメラ:5M
容量:8GB、16GB、32GB
カラー:ブラック、ホワイト
30ピンDockコネクター
3.5mmヘッドフォンジャック
ホームボタン

②2011年:KDDI(au)がiPhoneを発売! 『iPhone 4S』誕生

2011年10月14日にソフトバンクとKDDI(au)からiPhone 4Sが発売された。

カラーバリエーションは前作を継承したブラックとホワイトの2色から選べる。

デザインはiPhone 4とほぼ同じだが、ストレージ容量64GBモデルが追加され(8GBモデルは廃止)、プロセッサはデュアルコアの「A5」へと進化、メインカメラは800万画素に向上している。

OSは「iOS 5」を採用し、画面上部からスワイプすると「通知センター」が表示されるようになった。さらに、「iMessage」も追加されている。

そして、iPhone 4Sは「iCloud」「Siri」に対応する最初のiPhoneとなった。

外見はiPhone 4と似ているが、その後のiPhoneのスタンダードとなる機能を多く採用している点は、iPhone 4Sを評価すべきところだろう。

2011年10月15日にアップルの創設者のスティーブ・ジョブズ氏が、惜しまれつつも逝去された。iPhone 4Sは氏が発表を見届けた、最後のiPhoneになった。

『iPhone 4S』

<仕様>
サイズ:高さ115.2mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
画面サイズ:3.5インチ
重さ:140g
カメラ:8M
容量:16GB、32GB、64GB
カラー:ブラック、ホワイト
30ピンDockコネクター
3.5mmヘッドフォンジャック
ホームボタン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。