人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

停滞?安定?何かと話題の多かった仮想通貨業界の2019年を振り返る

2019.12.30

社会的関心事となった1年前の2018年と比べて、今年、仮想通貨関連のニュースはさほど多くなかった印象がある。それは仮想通貨が廃れたからなのか、はたまた、仮想通貨が資産運用の一手段として当たり前のものになりつつあるからなのか。

そんな疑問に対する一つのヒントとなるようなレポートがこのほど、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社(以下GMOコイン)より発表された。

投機から決済としての利用が進んだ2019年の仮想通貨業界

2019年の仮想通貨業界は、多くの企業で新しいサービスが始まり、一時的に1BTC=150万円を突破するなど、明るいニュースが多くあった。また、地域通貨の普及や、ポイントでの「ビットコイン」購入が可能になるなど、暗号資産(仮想通貨)は投機から決済として利用が進んできている。

2019年4月以降、ビットコイン価格が大幅に上昇

2019年のビットコイン価格の推移としては、4月頃から大幅に価格が上昇し、6月には一時的に1BTC=150万円を突破。6月末をピークにその後は、緩やかに下降傾向にあったが、10月には1BTC=100万円まで回復した。

GMOコイン口座数は堅調に推移、月間売買代金は6月がピーク

GMOコインの口座数は堅調に推移し、11月末時点で29万口座を突破。2019年の1年間では新規で約6万口座が開設された。仮想通貨月間売買代金はビットコインの価格上昇に比例する形で、4月から6月にかけて飛躍的に数字が伸び、6月の1ヶ月間では「1兆7,935億円」の取引があった。

女性や若い年齢層の仮想通貨取引が拡大

2019年に新しく口座開設をしたGMOコインユーザーを、2018年までに口座開設しているGMOコインユーザー属性と比較をすると、女性ユーザーの比率が「16.3%」から「24.1%」へ上昇。また、男性ユーザーと女性ユーザー共に20代の新規口座開設比率が高くなっていた。女性や若い年齢層の利用が広がっていることが伺える。

■総括

2019年は、2018年以前のような価格の乱高下は少なく、比較的落ち着いた1年間だった。新たな企業が仮想通貨交換業者として登録されるなど、仮想通貨交換業界は順調に拡大を続けており、また、GMOコインの顧客属性を昨年度と比較すると、女性の口座開設者が増加するなど、新たな層が仮想通貨に興味を持つなど、仮想通貨の裾野は確実に広がっていると推察される。

出典元:GMOコイン株式会社
https://coin.z.com/jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。