人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投資家1000人に聞く長期的成長が期待できる分野TOP3、3位環境エネルギー、2位ロボット工学、1位は?

2020.01.05

2020年の世界経済はどうなる? 投資経験者の55%が「アメリカ経済は好調」と予想

次に、全回答者(1,000名)を対象に、2020年の日本や世界の経済に関する予想を尋ねる調査が行われた。

【2020年の日本経済】では、「非常に好調だと思う」が4.6%、「どちらかといえば好調だと思う」が38.4%で、合計した『好調だと思う』が43.0%、「どちらかといえば不調だと思う」が47.6%、「非常に不調だと思う」が9.4%で、合計した『不調だと思う』は57.0%となった。

今年は東京2020オリンピックの開催が予定されている“オリンピックイヤー”だが、経済の調子は良くないと予想している人のほうが多いようだ。

では、日本以外の国や地域についてはどのように予想している人が多いのだろうか。

【2020年のアメリカ経済】では、『好調だと思う』が55.1%、『不調だと思う』が44.9%で、経済が良い方向に向かうと予想している人のほうが多くなった。去年の11月に入ってNYダウが過去最高値を更新したことが背景にあるのではないだろうか。

【2020年の中国経済】では、『好調だと思う』が29.2%、『不調だと思う』が70.8%、【2020年の韓国経済】では、『好調だと思う』が13.2%、『不調だと思う』が86.8%となった。

また、ブレグジットが話題となっているEUについて、【2020年のEU経済】では、『好調だと思う』が23.8%、『不調だと思う』が76.2%で、経済の低迷を予想する人のほうが多い結果だった。[図25]

[図25]

今年のアメリカ大統領選挙を予想! 「トランプ大統領が再選する」投資経験者の58%が予想

2020年には、アメリカで大統領選挙が行われる。現在の大統領であるトランプ氏が再選するかどうか話題になっているが、投資経験者は大統領選挙についてどのように予想しているのだろうか。

全回答者(1,000名)を対象に、2020年のアメリカ大統領選挙ではトランプ大統領が再選すると思うか尋ねる調査が行われたところ、「再選すると思う」は13.5%、「どちらかといえば再選すると思う」は44.5%で、合計した『再選すると思う』は58.0%となった。

次期大統領もトランプ氏が続投すると予想している人が多数派だった。他方、「どちらかといえば再選しないと思う」は32.4%、「再選しないと思う」は9.6%で、合計した『再選しないと思う』は42.0%となった。

年代別にみると、『再選すると思う』と回答した人の割合が最も高かったのは30代(65.5%)だった。[図26]

[図26]

トランプ大統領が再選すると予想している人が多数派となったが、トランプ大統領が続投した場合、日本経済に対しどのような影響があると予想する人が多いのだろうか。

トランプ大統領が再選した場合、日本経済にとっては、プラスだと思うか、マイナスだと思うか尋ねる調査が行われたところ、「プラスだと思う」は6.7%、「どちらかといえばプラスだと思う」は38.3%で、合計した『プラスだと思う』は45.0%、「どちらかといえばマイナスだと思う」は43.5%、「マイナスだと思う」は11.5%で、合計した『マイナスだと思う』は55.0%となった。

トランプ大統領が続投することとなった場合、日本経済にとっては悪影響だと考えている人が多いようだ。
年代別にみると、『マイナスだと思う』と回答した人の割合が最も高かったのは60代・70代で69.0%だった。[図27]

[図27]

“オリンピックイヤー”2020年年末の日経平均株価 株式投資家の予想は平均22,091円

2020年の日本経済については、好調だと予想する人よりも不調だと予想する人のほうが多いことがわかった。では、日経平均株価がどのように変動すると予想する人が多いのだろうか。

株式投資家(558名)を対象に、約1年後の2020年12月末の日経平均株価の予想を尋ねる調査が行われたところ、「15,000円~20,000円未満」(18.5%)や「20,000円~21,000円未満」(17.2%)に回答が集まり、平均(「わからない」と回答した人を除いて算出)は22,091円となった。2018年の調査結果(21,832円)と比べ259円アップした。

続いて、“日本企業が本来の実力を発揮し、株式市場で正当に評価された場合”という条件を加えて尋ねる調査が行われたところ、「25,000円~30,000円未満」(27.4%)に多くの回答が集まり、平均は26,177円となった。条件を加えていない場合(22,091円)よりも4,086円高い結果だった。[図28]

(参考:調査期間中の日経平均株価 最安値23,141円55銭~最高値23,303円32銭)
※「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2018」
https://www.sparx.co.jp/news/uploads/pdf/PressJ181207.pdf

[図28]

また、約10年後の2029年12月末の日経平均株価の予想を尋ねる調査が行われたところ、「15,000円~20,000円未満」(12.2%)や「25,000円~30,000円未満」(13.1%)などに回答が分かれた。「わからない」が28.3%で最も高くなっており、10年後の予想となると回答が難しいようだ。平均をみると、22,840円だった。

“日本企業が本来の実力を発揮し、株式市場で正当に評価された場合”という条件を加えて尋ねる調査が行われたところ、「25,000円~30,000円未満」(18.3%)に多くの回答が集まり、平均は25,594円となった。[図29]

(参考:調査期間中の日経平均株価 最安値23,141円55銭~最高値23,303円32銭)

[図29]

2020年東京オリンピック開催前後の日本株式市場を表す漢字 開催前は「上」、開催後は「下」

最後に、全回答者(1,000名)を対象に、2020年の日本株式市場を表す漢字について、東京オリンピックの“開催前”と“開催後”に分けて尋ねる調査が行われた。

“東京オリンピック開催前”の日本株式市場を表す漢字を尋ねる調査が行われたところ、1位「上」(96名)、2位「昇」(45名)、3位「高」(30名)、4位「平」(27名)、5位「盛」(24名)となった。オリンピック開催に向け経済や気持ちの高まりを表すような漢字が上位に挙げられた。

それぞれの漢字を選んだ理由をみると、「上」では『日本株の株価が上がると思うから』、「昇」では『オリンピック需要に期待できるから』、「高」では『オリンピック景気で株価が上昇しそうだから』といったコメントがみられた[図30]

[図30]

他方、“東京オリンピック開催後”の日本株式市場を表す漢字を尋ねる調査が行われたところ、1位「下」(113名)、2位「落」(80名)、3位「静」(44名)、4位「沈」(34名)、5位「平」(32名)となった。“開催前”と比べ、経済や気持ちの落ち込みを表すような漢字が多く挙げられた。

それぞれの漢字を選んだ理由をみると、「下」では『景気が下方へ向かうと思うから』、「落」では『オリンピック特需も終わり、経済が落ち込むと思うから』、「静」では『動向を見守るように落ち着くと思うから』といったコメントが挙げられた。[図31]

[図31]

※スパークス・アセット・マネジメント調べ

<調査概要>
◆調査タイトル :日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2019
◆調査対象 :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
全国の20歳~79歳の投資経験者
(日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT、金・プラチナなどの
金融資産への投資経験がある人)
◆調査期間 :2019年11月14日~11月16日
◆調査方法 :インターネット調査
◆調査地域 :全国
◆有効回答数 :1,000サンプル
(有効回答から男女×20代・30代・40代・50代・60~70代が均等になるように抽出)
◆実施機関 :ネットエイジア株式会社

出典元:スパークス・アセット・マネジメント株式会社
https://www.sparx.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。