人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

台風、大雨、消費増税、激動の10月外食市場はどう動いたのか?

2019.12.30

観測史上最大級の台風に見舞われた今年の10月。首都圏を中心に各鉄道事業者が計画運休を実施するなど外出を控えざるを得ない状況となったことは記憶に新しい。また同月1日には、消費税10%への引き上げがあった。

こうした背景の中、外食市場規模がどのように変動したのかがわかる、株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)が公表した「外食市場調査」を今回、紹介していきたい。なお本調査は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象としたものだ。

2019年10月の外食市場規模は3140億円で、3カ月連続で前年割れ

2019年10月の外食市場規模は、3圏域合計で3140億円。前年同月比(以下、前年比)は‐190億円で、3カ月連続で前年を下回った。

外食実施率・頻度が2012年10月の調査開始以来、10月としては過去最低を記録し、逆に外食単価は10月としては過去最高額を記録した。

ただし、外食単価(税込みで回答)の前年比の伸び率は10月から引き上げられた消費税増税分には届かず(前年比増減+1.3%)、実質的には前年比マイナスという捉え方ができる。

台風・大雨も影響もあって、16業態中11業態で前年を下回った

10月は甚大な被害を招いた台風19号が列島縦断したりと、全国的にも雨量が多く、消費税増税と合わせて外食には厳しい環境であったと考えられる。

業態別では主要16業態中11業態で前年を下回り、「居酒屋」や「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」等で市場規模が前年割れしたが、荒天が室内レジャーには好影響だったの か、「カラオケボックス」は、8カ月ぶりに市場規模が前年比プラスに転じた。

出典元:株式会社リクルートライフスタイル

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。