人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

便利な制度やプロのアドバイスを活用する共働き夫婦の家事シェアの極意

2020.01.05

阪口家

育休明けの妻の職場復帰を機に、家事シェア問題と本格的に向き合う夫婦は多い。ある時、妻がたどり着いたメソッドを取り入れたら、不安や迷いが大きく軽減されたそうだ。

〜阪口家PROFILE〜

阪口家PROFILE

[夫]明彦さん
会社役員・55歳。食器洗い、ゴミ出し、風呂・トイレ掃除、洗濯物干しを担当。時間に余裕がある日は、料理や掃除も行なっている。

[妻]千春さん
会社員・44歳。料理、洗濯を担当。家事・育児のための情報収集に熱心で、納得できる合理的・論理的な手法は積極的に試してみるタイプ。

[子]和楽くん(3歳)
お米研ぎやゆで卵の殻むき、拭き掃除、タオルをたたむなど、早くも家事習得中の保育園児。

職場復帰前にセミナー参加、夫も家事参加に開眼

 家事に関心のなかった夫・明彦さんの意識が変わったのは、地域で催された『夫婦で準備! 育休復帰セミナー』に参加してからだ。それまでは、妻の都合が悪い時や体調が悪い時に手伝う、というスタンスだったそうだ。

「夫婦でセミナーに行くこと自体、正直面倒だったんですが、話を聞くと『そんな考え方はしたことなかったなぁ』と唖然とすることばかりでした。夫が〝家事を手伝う〟という感覚ではなく、〝それぞれの時間を出し合う〟という考え方が前提なんですね」(明彦さん)

 また、役割分担はきっちり決めすぎず、できるほうがやって互いをバックアップすればよい、という家事シェアの基本を学んだそうだ。

 育休明けの妻・千春さんも、「夫の意識が変わり、少し肩の力が抜けました」と語る。千春さんは自身の家事や育児になかなか合格点をつけられず、便利家電、お助けサービス、料理キットなど多方面の〝使えそうな〟サービスをリサーチし、いろいろ試してきた。その中で「精神的にも助けられている」と太鼓判を押すのがパターン・ランゲージだ。

「『日々の世界のつくりかた』は、育児と仕事を両立させる秘訣がたくさん詰まっていて、とても参考になります。日常生活で迷いや不安にぶつかった時に、解決策を見い出すバイブルにもなっています」

 日々の家事についても、「子供と一緒に」というヒントを実践し、子供と一緒にできることは何かを常に考え、楽しんで取り組めるようになったそうだ。

阪口家の家事シェアDATA分析

阪口家 time schedule

パターン・ランゲージを利用

不安や疑問を解消するために有効なパターン・ランゲージ(他者の経験則や成功の秘訣が凝縮されたヒント集)を〝転ばぬ先の杖〟として活用している。

『日々の世界のつくりかた』を参考

『日々の世界のつくりかた』を参考

愛用しているパターン・ランゲージの冊子とカード。仕事と育児を両立する34のヒントが詰まっている。慶應義塾大学・井庭崇研究室と花王生活者研究センターによる共同制作で、花王のHPからダウンロード可能。

1. 安心のチーム作り

1. 安心のチーム作り

互いの役割分担にとらわれずに、できる時にできる人がやればよしとする。うっかり忘れている時は、お互いフォローしあう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。