人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親子で楽しめる!関西エリアの行ってみたい工場見学ランキングTOP10

2019.12.23

普段見ることができない製造現場や、企業の歴史・文化を楽しく学べる「工場見学」が人気を集めている。 

『じゃらん』行ってみたい工場見学ランキング(関西版)では、「造幣局」以外は全て飲食系のスポットがランクインする結果に。 今回はランキングにランクインした全スポットを紹介しよう。この冬休み、関西方面に旅行へ行く人は必見だ。

『じゃらん』 行ってみたい工場見学ランキング(関西版)

10位:めんたいパーク神戸三田【兵庫県】

明太子の老舗「かねふく」運営の明太子専門テーマパーク。工場見学では、漬け込みから商品の選別や整形などの製造過程が見られる。工場見学の後は、出来たて明太子の試食や直売店、フードコーナーもあり、ここでしか味わえない明太子グルメが大人気。

9位:キリンビール・キリンビバレッジ滋賀工場(キリン滋賀おいしさ体感ファクトリー)【滋賀県】

ビールの魅力が存分に味わえる「キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー」や、おいしさの秘密を体感できる「午後の紅茶ツアー」など、2つの工場見学があり、迫力満点の映像やユニークな仕掛けで、大人も子どもも楽しめる。また、大人限定の有料ツアーもある。

8位:キユーピー 神戸工場【兵庫県】

マヨネーズやドレッシングの製造工程を、スタッフの説明付きで見学。野菜や卵へのこだわり・豆知識も学ぶことができる。ホールには、キユーピーのこだわりがわかる立体展示があり、見学の最後には試食タイムも。

6位:造幣局【大阪府】

日々の生活に欠かせない「貨幣」。ガイドツアーでは、造幣局の事業概要や見学通路から貨幣が製造される工程を見ることができる。見学を終えた後は、併設の博物館も見学可能。古代から現代までの貨幣の歴史が学べるのでオススメ。

6位:明治なるほどファクトリー関西【大阪府】

ヨーグルトのことを楽しみながら学ぶことができる「工場見学施設」。ヨーグルトの製造過程を見学できる他、牛乳の栄養や健康効果、食と健康へのこだわりについてなど知ることができる。また、多目的ルームでは、バター作りなどの体験イベントを開催する日もある。

5位:グリコピア神戸【兵庫県】

ポッキーやプリッツの製造を行う工場が2018年10月に全面リニューアルオープン。ラインの見学だけでなく、最新技術を駆使したお菓子作り体験など、体験コーナーも充実。お菓子の歴史や文化を「驚き」とともに理解できる。

4位:コカ・コーラ ボトラーズジャパン 京都工場【京都府】

シアターでコカ・コーラの歴史や製造工程を学ぶことができる。タイムトンネルでは懐かしいパッケージが数多く展示。缶型の見学通路から製造ラインを見学した後は、ポップなフォトコーナーで写真が撮れる。

3位:アサヒビール吹田工場【大阪府】

120年以上の歴史をもつ、アサヒビール発祥の地。無料見学コースでは、製造ライン見学や、出来たてのビールの試飲もできる。その他、世界各国のビール缶、ベルギービールの瓶を展示した「ワールドビアコレクション展示コーナー」が見られるのも吹田工場だけのお楽しみ。

2位:明治なるほどファクトリー大阪【大阪府】

2018年5月にリニューアルし、明治初の「たけのこの里」の工場見学がスタート。まるで製造ラインに入ったような感覚で見学ができるだけでなく、チョコレートの世界観が感じられる展示など、見て、触って、感じて、楽しく学べる施設にパワーアップしている。

1位:カップヌードルミュージアム 大阪池田【大阪府】

インスタントラーメンの歴史を通じて、発明・発見の大切さが学べる体験型食育ミュージアム。小麦粉からチキンラーメンが手作りできる「チキンラーメンファクトリー」や、スープと具材を選んで自分だけのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」の体験コーナーが大人気。

※体験は有料

アンケート調査概要
インターネット調査:『関西・中国・四国じゃらん』掲載スポットの中から選択/ 調査時期:2019年8月26日(月)~2019年8月27日(火)/ 調査対象:関西2府4県在住(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の20代~50代男女 / 有効回答数:1,086名

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。