人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

内側から冷やすから閉栓不要!超斬新発想のワイン用保冷スティック「ICEPOUR」

2019.12.23

ワインを飲む時の最適温度の表現で、「赤ワインは常温で。白ワインは冷やして」と一般的に言われる。

「常温」と聞くと、「20度から22度くらい?」などと思うが、実際はもう少し低くて、赤ワインの重口(フルボディ)だと、16~20度、軽口だともう何度か低くするのがベスト。白ワインだと、それよりもっと低くなり、辛口なら10度前後がいい。いずれにしても、冷蔵庫に入れっぱなしだと冷えすぎなので、いったん出したあと氷を入れたワインクーラーで保冷することになるが、これは意外と場所をとるし、結構な量の氷を作り置きしておく必要もある。

ワインクーラー要らずにする画期的な製品

今回紹介するのは、そんなワインクーラーのデメリットをなくし、もっとスマートにワインを保冷してくれるドイツ発のアイテム。名称は「ICEPOUR(アイスポアー)」という。

「ICEPOUR」(下に見えるのは氷冷ケース)

「ICEPOUR」はワインクーラーとは異なり、ほっそりしたスタイリッシュな外観を持つ。これでどうやって保冷するかと言えば、ワインボトルの外から冷やすのでなく、中に入れて冷やすという粋な新発想。

凹凸のない金属製の本体「保冷スティック」は空洞になっており、中に細長い氷を入れて、ポアラー(注ぎ口)などの機能を兼ねた上部構造をはめて密閉し、ボトルに挿し入れる。しばらく待てば、適温へと冷やされ、適宜氷を取り替えることで最適温度が保たれるという仕組みだ。

実際に使用して見ると

実演してみよう。氷は、付属するシリコン製の柔らかい氷冷ケースに水を入れ、冷凍庫で作っておく。これで、「ICEPOUR」本体に入るスティック状の氷が8本できあがる。

「ICEPOUR」専用の氷冷ケース

この氷2本を本体に入れる。そして、上部構造をはめて接合する。

スティック状の氷を本体に入れる

接合して1本の棒状になった「ICEPOUR」を、ワインにそっと挿し入れる。注意したいのは、開栓してまだ飲んでいないワインボトルにいきなり入れると、容積の分だけワインがあふれてしまうことだ。なので、あらかじめいくらかのワインをグラスに注いでから入れる。

「ICEPOUR」を挿し入れたワインボトル

しばらく待って、適温まで下がったら、グラスにワインを注ぎ入れる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。