人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

防寒ブーツ、発熱ダウン、ワークマンならではの冬物ベーシックアイテム9選

2019.12.27

今こそ手に入れたい「ワークマン」冬のベーシックアイテム9選

アパレル冬の時代に勝ち名乗りを挙げる「ワークマン」の今買うべきベーシックアイテムを紹介!

『Wクッション キャンバスシューズ』980円/wmb

レトロなバスケットシューズ風、あるいは西海岸風のボードシューズ的な顔立ちで、サイズは3E。履き口は大きく、インソールのクッションの厚みを通常の2倍にした〝Wクッション〟を特徴とするなど、誰でも履きやすいという点に、作業靴のノウハウが生きている。

インスタ映えを気にする女性たちの間で起こったブームを背景に、SNSでベージュモデルが大きな話題になったことで、現在も品薄の状態が続く。そのため、実際の履き心地はわからないが、おそらくカカトは浮きやすいだろう。運動ではなく、ライフスタイルスニーカーと割り切って履くには、面構えもいいし、何よりこの価格は大きな魅力だ。

『防寒ブーツ ラークス』2900円/フィールドコア

寒冷地でも安心して履ける防寒仕様。『ラークス』ではなく『エルビーン』と呼ぶ方が適切なくらい既視感のあるデザインだが、某社ハンティングブーツと比べて、比べて価格は10分の1程度とかなり手頃なのがうれしい。

『イージス防水デイバッグ』2900円/イージス

レインウエアのセットアップなどを展開するワークマンのPB「イージス」の新作。イマドキを感じさせるテクニカルな顔立ちで、背面クッションやショルダーストラップの作りにもこだわりを感じる。容量は街歩きやハイキングなどにちょうどいい約20ℓで、取り出し可能なスリーブケースを内装する。

ちなみに商品名は『防水デイパック』だが、本品は完全防水ではない。ファスナーにYKK製の止水ファスナーを配し、裏面をPVCでコートしたポリエステル素材でボディーを構築しているが、糸で縫い付けて仕上げた製品なので、縫い目から浸水するのであしからず。

『CORDURA® ショルダーバッグ』1900円/フィールドコア

表地に軽量&耐久性にすぐれ、かつ発色の良さが魅力のコーデュラファブリックを採用した、メッセンジャー型ショルダーバッグ。サイズは約W29×H 17㎝で、スマホや財布といった必需品を持ち歩くには十分な容量を備える。

なお、本品に使われたコーデュラファブリックの糸の太さは不明だが、メッセンジャーバッグを得意とする某ニューヨークブランドの同サイズの商品が1万円程度なのを考えると、やはり本品はお値打ち。アウトドアブランドの定価の3分の1を目指して商品開発を行なうというPBブランド「フィールドコア」の宣言を見事に体現している。

『洗える発熱ダウンベスト』1900円/フィールドコア

ワークマンは化繊ダウンのアウターは多く取り揃えるが、天然ダウンを使ったモデルは本品のみ。中綿の封入比率はダウン50%:フェザー50%。

フェザーの配分を多くすることでダウンの復元力を高めた点、そしてダウンの特殊加工を施して家庭洗いを可能にした点に、作業服大手なりのアイデンティティーを感じる。

また、背中部分の裏地と中綿で吸湿発熱不織布をサンドイッチすることで、体から発する湿度を吸収し、熱へと変換するなど、保温性を向上。着膨れしにくく、また首下に適度なゆとりを持たせているので、ジャケットやコートの下に着ても違和感は少ない。

地と裏地の間にポリエステルの生地を挟んでいる。耐水圧は大雨にも耐える2万㎜を誇示するが、透湿防水被膜を挟んだ一般的なレイヤード素材とは異なるため、透湿性は劣る。

『高撥水シェルジャケット』1900円/フィールドコア

耐久撥水加工によって撥水性を高めた1枚生地のレインウエアも展開している。素材はポリエステル100%で、三菱商事ファッションが開発した高水準の耐久撥水加工を施している。ユニクロでもほぼ同じスペックの商品を販売しているが、本品の方がシルエットは細く、価格も3分の1程度で値頃感がある。

『4D防風ウォームパンツ ストレッチ』2900円/フィールドコア

2019年に大ヒットした『4D超撥水ストレッチ』シリーズの派生モデル。タテ・ヨコ・斜めにも伸びる全方向ストレッチを120%から150%へと進化。膝裏のパターンを見直し、バナナパンツのようなシルエットにすることで、さらに履き心地が良くなった。生地は3層構造で、表地にストレッチニット、中材に防風シート、裏地にマイクロ起毛素材を採用している。

『エアロストレッチアルティメットパンツ』3500円/フィールドコア

2018年に発売後即完売し、〝幻のアウター〟としてSNSで話題になったエアロストレッチアルティメットシリーズの中綿パンツ。暖かさの秘密はたっぷり封入した中綿と、裏地に使った反射材にある。アルミプリントを施した裏地は、体から発する輻射熱を反射することで、衣服内の保温性を効率良く高める。ジャージーニット素材を膝裏に使うことで伸縮性を高めたほか、タブレット端末が入るサイズのバックポケットを装備。パンツでありながら収納性に優れるなど、独自路線を貫く。

■ワークマン
https://www.workman.co.jp/

取材・文/渡辺和博

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。