人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

訪日旅行客にも大人気!浅草寺の年末年始の行事と初詣情報

2019.12.28

毎年大変な人出がある初詣スポットの一つが、東京都台東区浅草にある浅草寺。

今回は浅草寺の初詣の人出や概要、年末年始の行事、豆知識などを紹介する。

「今まで行った中で最も良かった神社」8位

エアトリが2018年12月に10代~70代の男女883名を対象に「平成最後の年越し・初詣」に関する調査を行い、「今まで行った中で最も良かった日本の寺・神社」を聞いたところ、浅草寺は14票で第8位にランクインした。

東京都だけで見れば、第5位にランクインした明治神宮がトップとなり、浅草寺は2位となった。

浅草寺は、東武スカイツリーライン浅草駅や東京メトロ銀座線や都営地下鉄浅草線の浅草駅より徒歩5分のアクセスの良い立地。初詣スポットとしても人気の寺だ。実際、毎年の初詣には大変な人出がある。

浅草寺の初詣の状況

(画像提供:浅草寺)

乗換案内のジョルダンが新年三が日の例年の人出をもとに発表している初詣人出ランキングによれば、浅草寺は第4位。例年の人出は約295万人にも上る。

第1位 成田山新勝寺(千葉) 例年の人出:約314万人
第2位 明治神宮(東京) 例年の人出:約312万人(平成31年)
第3位 川崎大師 平間寺(神奈川) 例年の人出:約310万人
第4位 浅草寺(東京) 例年の人出:約295万人
第5位 伏見稲荷大社(京都) 例年の人出:約250万人

出典:乗換案内のジョルダン「初詣人出ランキング」

浅草寺は、通称「浅草観音」と呼ばれ、聖観音宗の総本山。江戸時代に徳川家康が幕府の祈願所に定めると参拝者が増え、周辺が盛り場となったとされる。現在は東京の観光名所の一つになっており、国内外から非常に多くの参拝者が訪れる。

浅草寺の年末年始の行事

浅草寺では、年末年始に次の行事が執り行われる。

●12月31日 除夜の鐘(点打供養会)(弁天山)

元旦の午前0時に弁天山の鐘楼で「除夜の鐘」が打たれ、新年を告げる。

●1月1日~7日 新年大祈禱会(本堂)

本堂内陣のご本尊を奉安する御宮殿の前では「新年特別祈祷」が始まり、元旦より1月7日まで30分または1時間ごとに、閉堂近くまで営まれる。

●12月31日~1月6日 修正会(しゅしょうえ)(本堂)

修正会とは「正月に修する法会」という意味で、大晦日の夕刻からご本尊を奉安する御宮殿の前に、豊穣を象徴する鏡餅をお供えし、ご本尊の観世音菩薩に新年の天下泰平と五穀豊穣を祈願する法要。

浅草寺の豆知識

ここで浅草寺の豆知識を紹介する。

●除夜の鐘の後は108回打たれる

除夜の鐘が打たれた瞬間、参拝者から大きな歓声と拍手が起こるという。続いて「捨て鐘」という、数に入れない鐘が3回打たれた後、「百八会」の会員によって次々に108回の鐘が打たれる。108回打つのにおよそ40分かかるそうだ。108の由来は「人間の108の煩悩を除く」あるいは「菩薩がそなえた108の徳を讃える」など諸説があるそうだ。

●新年特別祈祷

祈祷を希望すれば、本堂内陣で特別祈祷を行ってもらえる。祈祷札はご宝前に奉安され、僧侶が『観音経』を読経し、加持祈祷を行った後に授与される。

●元旦から1月7日までの期間限定で札と弓矢が授与

元旦から1月7日までは、期間限定で「開運厄除札」、「愛染宝弓(あいぜんほうきゅう)」が授与される。この機会に授かっておこう。

2020年の初詣はどこに行こうか迷っているなら、ぜひ浅草寺に参拝してみてはいかがだろうか。

【画像提供】
浅草寺
http://www.senso-ji.jp/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。