人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男らしさを強調したい人に!ムートンやスエードにボアをあしらった骨太レザーアウター3選

2020.01.09

『エンメティ×アバハウス』

LEATHER〜男らしい貫禄を強調する骨太なローテクアウター

 防水透湿素材を使ったハイテクウエアは現在も高い人気を誇る。しかし、ブームが長引いたことで、新鮮味に欠けると感じる人は増えた。そこでメーカー各社は、ハイテク素材のアンチテーゼとして、天然素材の提案を加速。コーデュロイやレザーを使ったアウターはおしゃれに敏感なビジネスパーソンから支持を集めている。

レザーアウターは、ムートンやスエードといった柔らかな素材を使い、首元や袖口にボアをあしらったモデルが相次ぐ。理由は、洗練されたデザインのハイテクウエアと違い、アカ抜けない印象が逆に新鮮に映るからだろう。トレンドを牽引した引き算のデザインから脱却し、ディテールをプラスすることで貫禄を増した、骨太なアウターが売れている。

『エンメティ×アバハウス』

『エンメティ×アバハウス』15万8000円

第2次大戦中、爆撃機乗員が着用したB-3フライトジャケットを再現。袖やポケットはレザー、ボディーはダウンと素材を巧みに組み合わせ、モダンな顔立ちと保温性を両立した。

『エンメティ×アバハウス』

革部分にラムレザーを採用。柔らかな肌触りと上品な艶が特徴。

10年ぶりに再登場した傑作フライトジャケット

『ニューヨーカー』

『ニューヨーカー』9万円

ラムレザーを贅沢に使い、B-10スタイルのフライトジャケットを上等感のある顔立ちへと刷新。往年の同ジャケットと比べてシルエットは細身で、タイドアップしてもサマになる。

『ニューヨーカー』

襟部のラビットファーは着脱可能。見た目のほっこり感を調整できるのがうれしい。

大人を骨抜きにする高コスパのムートン

『デサ』

『デサ』16万円

デサは1972年に創業したトルコのレザー専業メーカー。そのため、ボディーに使うムートンの品質は別格。一度袖を通すだけで、上質な肌触りのトリコになること請け合い。

『デサ』

毛足の長いファーを配したライニング。シャツの上に羽織るだけで冬を乗り切れそうだ。

取材・文/渡辺和博、牛島康之 撮影/シマモトカズオ(BAARL) スタイリング/嶺井 淳

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。