人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハワイのおすすめグルメやスポット18選!ハワイの魅力を徹底解説

2019.12.31
ハワイは、日本人に定番の人気観光スポットです。旅行雑誌を広げても、見どころスポットが多すぎてどこに行くべきか悩んでしまいますよね。ハワイ初心者からハワイ上級者まで、押さえておきたいおすすめスポットをピックアップします。

ハワイを全力で楽しもう

ハワイに行く前に頭に入れておきたいのが、現地の気候やおすすめの旅行スタイルです。ハワイを全力で楽しむためにあらかじめチェックしておきましょう。

ベストシーズンはいつ?

ハワイのベストシーズンは、乾季である5~10月です。日中は30℃前後と日本の真夏日くらいの暑さですが、湿気が少ないので比較的カラッとしています。雨もほとんど降らない時期のため、よい写真も撮れて旅行にはぴったりです。

一方、11~4月は雨季のため、頻繁に雨が降るだけではなく突然スコールに見舞われることもしばしばです。気温も下がり、朝や夜には20℃を下回ることもあるので、サッと羽織れるカーディガンやウィンドブレーカーがあると重宝します。

冬休みやゴールデンウィークにハワイに行く場合は、雨具や上着も忘れずに用意しましょう。

レンタカーを借りて自由旅行

電車が走っていないハワイでは、レンタカーを借りての移動がおすすめです。中心地のワイキキ以外にも、カイルアやノースショアなど、少し離れた地域にも見どころが満載です。レンタカーを借りて島を一周するのもよいでしょう。

日本の免許証のままでも運転することはできますが、念のため国際免許証を取得しておくのが安心です。

レンタカーショップは、空港やワイキキの中心地に数多くあり、ニッポンレンタカーなど日本人のスタッフがいるお店もあります。

日本とは交通ルールが異なり、車は左ハンドルで右側通行です。道路標示もメートルではなくマイル表示になっています。また、「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がない限り赤信号でも右折することができるので覚えておきましょう。

しっかり朝食を食べてエネルギーチャージ

ハワイの朝は、おいしい朝ごはんから始めましょう。朝ごはん文化が根付いているハワイでは、おいしくて栄養満点な朝食が自慢のカフェやお店がたくさんあります。流行の移り変わりが激しいハワイカフェの中でも、今最もホットなお店をピックアップしました。

ローカル感ある店内が落ち着く グーフィー・カフェ&ダイン

地元の食材にこだわった『グーフィー・カフェ&ダイン』は、開放感のある西海岸風のお店です。店内には、観光客だけではなく地元のロコたちも集まります。

人気メニューのエッグベネディクトは、ポーク・ベリーやカルア・ピッグ、ローカル・ベジタブルなどお好みの付け合わせをセレクトできます。

朝は7:00から営業しているので、1日のスタートに優雅なハワイの朝食はいかがでしょうか?

  • 店舗名:グーフィー・カフェ&ダイン
  • 住所:1831 Ala Moana Blvd., Suite 201 Honolulu, Hawaii 96815
  • 電話番号:+1-808-943-0077
  • 営業時間:7:00~23:00
  • 公式HP

日本人が経営のおしゃれカフェ サニーデイズ

日本人オーナーが経営する『サニーデイズ』は、フォトジェニックで色鮮やかなメニューが人気です。フルーツと生クリームがたっぷりのったパンケーキをはじめ、とろっとろの卵とお肉がたまらないロコモコなど、豊富なメニューの中からお気に入りのメニューをチョイスできます。

日本人オーナーが経営しているので、日本人好みの味付けになっているほか、日本語メニューもあるので安心して注文できますよ。

  • 店舗名:サニーデイズ
  • 住所:3045 Monsarrat Ave, Ste 6, Honolulu,Hawaii 96815
  • 電話番号: +1-808-799-0034
  • 営業時間:7:00~17:00
  • 定休日:水・木曜日
  • 公式HP

遊び疲れたらランチで休憩

ビーチやショッピングなどで遊び疲れたら、おいしいランチを食べましょう。食べ応えも抜群で、ロコたちにも人気のお店を紹介します。

新鮮なシーフードを堪能 ニコス・ピア38

『ニコス・ピア38』では、隣にある魚市場で取れた新鮮なお魚を使った刺身や、ハワイの代表的なローカルフード『ポケ』を食べられます

毎朝手作業で選別されたアヒ(まぐろ)料理や、ロミサーモンを使用した『ハワイアンプレート』、魚とアサリの『フィッシュマンシチュー』など、魚介類を使用した豊富なメニューがそろいます。

メニューによっては、白米か玄米、焼きそば、ナログリーンまたはマカロニサラダなどが選べるのもうれしいですね。

  • 店舗名:ニコス・ピア38
  • 住所:1129 N. Nimitz Hwy. Honolulu, HI 96817
  • 電話番号:+1- 808-540-1377
  • 営業時間:6:30~21:00
  • 公式HP

驚くほど豊富なメニュー チーズケーキファクトリー

種類豊富なチーズケーキはもちろん、ステーキやパスタなど200種類ものメニューが人気の『チーズケーキファクトリー』は、ハワイきっての人気店です。夜には超行列ができるので、少しすいているランチタイムが狙い目です。

ランチメニューも豊富で、どれにするか迷ってしまう人も多いことでしょう。チキンと野菜がたっぷり入ったサンドイッチが自慢の『レニースペシャル』や、日替わりパスタなども人気です。

甘すぎず、しっかりとした硬さが自慢のチーズケーキは、食後のデザートに堪能しましょう。

  • 店舗名:チーズケーキファクトリー
  • 住所:Royal Hawaiian Shopping Center,2301 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
  • 電話番号:+1-808-924-5001
  • 公式HP

絶景を望みながら優雅な時間を オーキッズ

ハワイの高級ホテル『ハレクラニ』内にある『オーキッズ』はワイキキビーチを一望できるロケーションに位置しています。サンデーブランチは、『オアフのベストブランチ』にも毎年選出されているほど定評があります。

地産地消を掲げ、地元の素材を生かした料理はどれも絶品です。特に『蟹入りのシーザーサラダ』や『ハーブオイル風味のグリル野菜』といったヘルシーメニューが自慢です。ちょっぴり贅沢なランチにいかがでしょうか。

  • 店舗名:オーキッズ
  • 住所:2199 Kalia Road Honolulu, HI 96815,
  • 電話番号::+1-808­-923-2311
  • 営業時間:7:30~21:30
  • 公式HP

雰囲気抜群のディナータイムを

1日の最後には、ロマンチックな景色を楽しみながら、おいしいディナーを楽しみましょう。人気店が乱立するワイキキ内でも特におすすめのレストランを紹介します。

人気店のため予約必須 デュークス・ワイキキ

ワイキキビーチを一望できるオープンテラスが人気の『デュークス・ワイキキ』は、予約必須の人気店です。

ボリューミーなステーキをはじめ、ローストロブスターテールやアヒポケなど、本格的なアメリカンスタイルのディナーを堪能できます。グルメだけではなく、フォトジェニックでかわいい見た目のトロピカルカクテルも人気です。

ワイキキきっての人気店ゆえ常に混雑しています。そのため、行く前には事前予約をしていきましょう。ホテルのコンシェルジュに予約をお願いするほか、旅行会社を介すると日本語で予約できます。サンセットの時間のテラス席は特におすすめです。

  • 店舗名:デュークス・ワイキキ
  • 住所:2335 Kalakaua Ave., Ste 116, Honolulu, HI 96815
  • 電話番号:+1-808-922-2268
  • 営業時間:7:00~22:00
  • 公式HP

金曜日には生演奏と花火も ベアフットビーチカフェ

オーシャンフロントが現地のハワイアンに人気の『ベアフットビーチカフェ』は、海で遊んだ後でもそのまま入れるカジュアルなお店です。

ローカル感あるカフェですが、夕暮れ時になればロマンチックな雰囲気に様変わりします。サンセットを見ながら、ミュージシャンによる生演奏が楽しめますよ。

また、金曜日にはBBQが開催され、ボリューム満点のステーキやシーフードを思う存分食べられます。さらに、ヒルトンの花火も見えるので観光客にも大人気です。週末は特に混雑しているので、早めの時間に来店しましょう。

  • 店舗名:ベアフットビーチカフェ
  • 住所:2699 Kalakaua Avenue Honolulu, Hawaii 96815
  • 電話番号:+1-808-924-2233
  • 営業時間:7:00~20:30
  • 公式HP

船上から見る夜景にうっとり スターオブホノルル

最終日には、サンセットディナークルーズでショーとディナーを楽しみましょう。4フロアの船内には、展望デッキも完備され、海上からワイキキの景色を一望できます。

17:30~20:30までのクルーズで、ローストビーフを使用した、パシフィックリム(ハワイアン)ディナーが堪能できます。ハワイアンショーとジャズライブを楽しみながらの船上ディナーで、優雅なひと時を過ごしましょう。

  • 店舗名:スターオブホノルル
  • 住所:Aloha Tower Marketplace, Pier 8, 1 Aloha Tower Drive, Honolulu, HI 96813
  • 電話番号:+1-808-983-7730
  • 公式HP

魅力あふれるおすすめビーチ  

常夏の島ハワイでは、やはりビーチは外せない観光スポットでしょう。

ハワイの中心部に位置し、全米ベストビーチにも選ばれている『ワイキキビーチ』や、ハワイ最大級のショッピングセンター『アラモアナセンター』にほど近い『アラモアナビーチ』は日本人にも有名なビーチです。

今回は、ちょっと遠出しても行きたい美しいビーチを三つ紹介します。

澄んだ海でシュノーケリング ハナウマ湾

シュノーケリングスポットとしても知られる『ハナウマ湾』は、水質・砂質・安全度・清潔度・アメニティー充実度など、およそ50項目をもとに選出される『全米ベストビーチ』にも選ばれた実績を誇ります。

海水の透明度が非常に高く、美しいサンゴ礁や魚を見るために多くの観光客が訪れます。ハギやチョウチョウウオ、バタフライフィッシュなどの色鮮やかな魚たちと、ターコイズブルーの海とが織り成す様は、ハワイに来たなら一度は見ておきたい光景といえるでしょう。

『自然保護区』に指定されているため、ハナウマ湾に入る前に10分間の動画上映による教育プログラムを受けるほか、禁煙・禁酒・餌付けの禁止・日焼けオイルの使用制限などの規則があります。

入場料は、13才以上が7ドル50セント・12才以下は無料です。ハナウマ湾は、ワイキキから『ザ・バス』で行けるほか、レンタカーでも20分ほどで行くことができますよ。

Hanauma Bay Snorkeling - Hanauma Bay Hours, Pricing and Activities

息をのむ美しさ ラニカイビーチ

サラサラした真っ白い砂と、透き通るようなエメラルドグリーンの海が特徴のビーチです。どこまでも続く水平線を望む光景は、ハワイ語で『天国の海』という名にふさわしいビーチといえるでしょう。シュノーケリングはもちろん、砂浜に寝そべってゆっくり日光浴をするのもおすすめです。

ワイキキから向かう場合は『ザ・バス』でカイルアタウンまで行き、一度乗り換えて『カイルアビーチ』を目指します。住宅街を15分ほど歩き、路地を抜けた先に『ラニカイビーチ』が広がります。

ハワイ州が管理するビーチパークではないため、更衣室やシャワーはありません。更衣室やシャワーを使いたい場合には、お隣の『カイルアビーチ』まで行きましょう。

ウミガメと会える ラニアケアビーチ

『ラニアケアビーチ』は、サーファーの聖地であるオアフ島 の北部・ノースショアに位置し、ウミガメに会えるビーチとして人気です。

ウミガメはハワイ語で『ホヌ(honu)』と呼ばれ、幸運をもたらす守護神として地元の人々から大切にされています。

そんな、ウミガメの『甲羅干し(日光浴)』は、午後のビーチで見ることができます。ウミガメは保護団体によって観察されており、『保護法』で守られています。触れたり、追いかけたりはしないようにしましょう。

『ザ・バス』を利用して向かう場合は、ワイキキから『アラモアナセンター』に向かい、乗り換えて『カメハメハ・ハイウェイ+オポジット・ポハク・ロア・ウェイ 』で下車後すぐです。

ハワイで挑戦したいアクティビティー

ハワイといえば、ビーチを堪能できるアクティビティーも外せません。ファミリーやカップルにも人気の高いアクティビティーを紹介します。

空からの景色を堪能 パラセイリング

ハワイの絶景を空の上から楽しめるパラセイリングは、高さを選ぶことができます。スリリングな経験をしたい方は150mほどの高さから、ちょっぴり怖いという方は100m以下の高さがおすすめです。

天気がよければ、エメラルドグリーンの海はもちろん、ダイヤモンドヘッドやワイキキの街もきれいに見ることができます。2人乗りタイプもあるので、カップルやお子さんと一緒に感動を味わえますよ。

ヒルトン沖やカカアコ沖、ケワロ沖で楽しめます。

海の中をお散歩できる シーウォーカー

その名の通り、海の中をお散歩できる『シーウォーカー』は日本ではなかなか味わえないアクティビティーです。透き通るような海が自慢のハワイでは、魚もくっきりと見え、海の動物の一員になったかのような感覚を味わえるでしょう。

ゆっくりと海中を歩きながら魚を間近で眺めたり、エサをあげたりすることもできます。エサをあげると、たくさんの魚が一斉に寄ってくるので、迫力満点です。

潜水用のヘルメットを着用することで酸素が供給されるため、顔や髪が濡れることはありません。女性にも人気の高いアクティビティーです。

一度は訪れたいショッピングスポット

自然やアクティビティーはもちろん、ハワイに来たならショッピングも外せませんよね。日本でも有名なブランドが格安でゲットできるショッピングスポットもチェックしておきましょう。 

ハワイ最大 ワイケレ・プレミアム・アウトレット

『ワイケレ・プレミアム・アウトレット』は、ハワイで最も大きなアウトレットです。高級ブランドからカジュアルブランドまでそろい、定価の25~65%ほどの安さで魅力的なアイテムをゲットできます。日本で買う半額以下の商品もあるので、ゆっくり時間をかけて回りましょう。

特に、『コーチ』や『リーバイス』『UGG』といった日本でも人気のブランドは、かなりお得に手に入ります。定番商品もアウトレット価格で販売されている場合もあるので、掘り出し物がないかくまなくチェックしましょう。

ワイキキ中心部から車では40分ほどかかりますが、20ドルほどで送迎してくれるオプショナルツアーもあります。たくさん買い物をして荷物がいっぱいになるのではと不安な人は、オプショナルツアーを利用するのがおすすめです。

  • 施設名:ワイケレ・プレミアム・アウトレット
  • 住所:94-790 Lumiaina Street.,Waipahu, HI 96797
  • 電話番号:+1-808-676-5656
  • 営業時間:9:00~21:00、日 10:00~18:00
  • 公式HP

リーズナブルなお店がそろう カポレイ・コモンズ

『カポレイ・コモンズ』は、敷地内に巨大スーパーや映画館、ディスカウントストアなど、さまざまなショップが入っています。カポレイ・コモンズだけでほとんどのものがそろうため、予定がパンパンでショッピングに時間をかけられない人にもぴったりです。

人気のディスカウントストア『ROSS』や日本でも有名な巨大スーパー『ターゲット』のほか、買い物に疲れたら立ち寄れるカフェやレストランも豊富です。レストランの中には日本でもお馴染みの焼き肉店『牛角』あります。

ワイキキから車で1時間ほどの距離ですが、1日飽きることなく楽しむことができるので、レンタカーで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

  • 施設名:カポレイ・コモンズ
  • 住所:4450 Kapolei Parkway,Kapolei, Hawaii 96707
  • 公式HP

ハワイらしさ満点 人気のお土産

おいしいグルメやかわいいグッズが目白押しのハワイでは、どんなお土産を買うべきか悩みますよね。そこで、ハワイ通にも喜ばれること間違いなしの人気のお土産をセレクトしました。 

フレーバー多数 ホノルル・クッキー・カンパニー

ふっくらサクサクした食感が癖になる『ホノルル・クッキー・カンパニー』のクッキーは、お土産にも大人気です。チョコレートやマカダミアナッツ、パイナップルなど豊富なフレーバーがあります。

店内では試食もできるので、お気に入りのフレーバーをじっくり選びましょう。15種類のクッキーが入った『アルティメートコレクション』であれば、さまざまな種類を一度に食べられるためお土産にもぴったりです。

Honolulu Cookie Company - Cookie Gifts - Japan

ふっくらパンケーキを自宅で ハワイアンサン  

「ハワイで食べたパンケーキを日本でも食べたい!」という人には『ハワイアンサン』のパンケーキミックスを買って帰りましょう。ABCストアなどハワイのスーパーやコンビニで手に入ります。

パンケーキミックスに水を加えるだけで、厚みがありほんのり甘いパンケーキを誰でも簡単に作れるのが人気の理由です。付け合わせにマカダミアクリームをプラスすると、よりおいしく仕上がります。

Hawaiian Sun

ハワイ限定を手に入れよう ホールフーズマーケット エコバッグ

ハワイの提案お土産『ホールフーズマーケット』のエコバッグは、ハワイ限定デザインをゲットしましょう。パイナップルやヤシの葉など、ハワイらしいナチュラルなデザインは普段使いもしやすいアイテムです。

サイズも豊富で、口も大きく開いており、荷物が入れやすいのもうれしいポイントといえるでしょう。たためばかさばらないため、女性へのお土産にも喜ばれます。

Whole Foods UK

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。