人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

たかが頭痛、されど頭痛!ビジネスパーソンを地味に苦しめる「緊張型頭痛」の対処法

2019.12.20

■医師がすすめるカラダにイイこと! 教えてDr倉田大輔

「後頭部が重く鈍い痛み、肩もこる」

「パソコンやスマホをする頻度が増えると共に、よく頭痛が増える」

 日本人の4人に1人が悩み、経済的損失は数千億円以上とも言われる「頭痛」。症状名と同時に病名にもなっている数少ない病気です。

危険な頭痛は?

「頭痛は病気ではない、たかが頭痛」と考える方もいるかもしれませんが、はたしてそうでしょうか?

1)今までに経験したことのない頭痛
2)急激に起こった頭痛
3)痛みが徐々に始まり、数日から数週間かけてだんだんひどくなってくる頭痛
4)原因不明の高熱、吐き気やおう吐を伴う頭痛
5)字が読みにくい、書きにくい、などの神経症状が現れる頭痛

 これらの症状を伴う「頭痛」では、くも膜下出血、脳出血・脳梗塞、髄膜炎、脳腫瘍など生命に関わる病気が関係しているかもしれません。

 もし、ふだんと違う症状がでたら、医療機関への受診を考える必要があります。

頭痛とは何か?

「頭痛の痛み震源地は脳?」と考える方もいるかもしれません。

 実は、脳(脳みそ)には痛覚が無いので、仮に針を刺しても痛みを感じません。

 では痛みをどこで感じているでしょう?

「頭痛」の源は、基本的には頭蓋骨の内外を包んでいる皮膚や筋肉、血管などです。筋肉の緊張や血管が広がり過ぎることによって、痛み情報が脳に伝わり、「頭痛」として感じます。疲労物質の蓄積など様々な原因が考えられていますが、解明されていないことも非常に多いです。

 ひとまず「頭痛は、頭部やその周りの痛みの総称」と捉えておきましょう。

「頭痛」は、国際頭痛分類第3版β版(The International Classification of Headache Disorders-3β:ICHD-3β/2018)という表で分類されています。

 ICHD-3βでは

1)原因疾患がない「一次性頭痛」:片頭痛、緊張型頭痛など
2)原因疾患がある「二次性頭痛」:ケガ、感染症など

 に大きく分けられます。

 風邪など感染症を除くと、日常的には一次性頭痛の頻度が高いでしょう。

 今回は一次性頭痛のなかでも、私たちに関係が深く、直面しやすい「緊張型頭痛」についてご紹介します。

ビジネスパーソンは緊張型頭痛に要注意!

 几帳面・神経質などの性格、様々なストレス、睡眠・運動不足、疲れが溜まる夕方以降に症状が強くなる特徴があり、ビジネスパーソンが特に注意したいのが、「緊張型頭痛(別名ストレス頭痛)」です。

 痛みの頻度や持続時間、場所などについてご紹介します。

 パソコンやスマートフォンを同じ姿勢で見続けることは、控え目が良さそうですね。

「緊張型頭痛」は、性別では女性が多く、全体の2/3を占めます。発症部位は、両側後頭部に始まることが多く、徐々に目の後ろや側頭部に放散する特徴があります。(注: 片側に起きることもあり、症状の現れ方は様々)

 肩や首の凝りがひどい人に「緊張型頭痛」がおきることもあります(下図)。

緊張型頭痛の痛みに関係する筋肉/著者作成
(C)池袋さくらクリニック

 加齢とともに有病率は下がりますが、50歳以上で発症することもあり、若年から高齢者まで幅広い年齢層を悩ませています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。