人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ダウンロードは12月26日まで!山手線内で乗車位置に合わせて本格的なトレーニングができる専用アプリ「‘TRAIN’ing」が試験公開

2019.12.19

移動空間を「成長」空間にするという新たな価値を提供

‘TRAIN’ingは、これまでは移動空間であった電車内を「成長空間に変える」という新しい発想と、近年関心が高まっているヘルスケアとを掛け合わせることで生まれたサービスだという。こうしたアイデアは、どのような経緯で生まれたものなのか。マッキャンヘルスの担当者は次のように話す。

「日本人は一日のうち、平均約2時間を通勤に使っています。その時間を過ごす『移動空間』に新たな価値を提供できないかという想いが出発点でした。

一方で、開発メンバーは、それぞれ電車で通勤するビジネスパーソンでもあります。『ジムに行きたい』『仕事にプラスになることがしたい』など『成長』意欲はあるものの『忙しくてなかなか行動に移すことができない』という声がありました。そのような声が多く挙がった開発会議を経て『移動空間』を心身の『成長空間』に変えるというアプリコンセプトが生まれました」

“恥ずかしくない”プログラムも

ところで、この山手線内で筋トレやマインドフルネスなどを行うに当たり、懸念点がある。トレーニングを行っている様子の動画を見ると、周りの乗客に対して、トレーニングしていることがバレバレで気恥ずかしくないかということだ。その辺りはどうなっているのか、マッキャンヘルスの担当者に聞いてみると…

「実際に使ってみていただければわかるのですが、動画で紹介しているよりも小さな動きで、恥ずかしくないプログラムも含めて80種類以上のプログラムがあります。混雑度に合わせてプログラムも変わりますし『これはできない!』と思ったときにスキップできるボタンもあるので、気軽に使ってみていただければと思います。

プログラムの中でも、筋トレが話題になっていますが、プロが監修したストレッチやマッサージ、マインドフルネスなども多く入っています。特にマインドフルネスは身体の動きもないですし、ユーザーからのフィードバックでも良いコメントが多く届いておりますので、ぜひ試してみてください」

いつもの電車内がトレーニング空間に変わる。その新しい体験を、一人、こっそり試してみてはいかがだろうか。

Information
電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing(トレイニング)」
実施期間:2019年11月26日(火)~2020年3月12日(木)
ダウンロード期間:2019年12月26日まで
アプリ起動から77日間利用可能
App storeにて、iPhone版のみ公開(iOS11.0以上で利用可能)
実施個所:山手線の電車内(新型車両E235系)
https://train-ing.tokyo/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。