人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あなたのパートナーを表す漢字1文字ランキング、2位の愛・楽を抑えてダントツ1位になったのは?

2019.12.20

人生を少しでも楽しく、満足して過ごしたいとは、誰もが考えることではないだろうか。

今回は、PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)が、20~79歳の男女2,000名を対象に行った「人生の満足度に関する調査2019」を紹介したい。

もしかすると、読者の人生満足度が少しでも上がるヒントがあるかもしれない。

「これまでの人生に満足」40% 20代・40代男性の「人生満足度」が昨年調査より11ポイント下降

まず、全回答者(2,000名)に、≪これまでの人生の総合的な満足度≫を聞いたところ『満足している』(「非常に満足している」と「やや満足している」の合計、以下同じ)は40.2%、『満足していない』(「全く満足していない」と「あまり満足していない」の合計、以下同じ)は31.0%となった。

これまでの自身の人生を振り返ったとき、満足するものだったという実感を持っている人のほうがやや高い割合に。

『満足している』を性年代別にみると、男女とも40代が最も低くなり(40代男性21.5%、40代女性37.5%)、40代男性では全体と比べて18.7ポイント低い割合となった。

昨年の調査結果と比較すると、『満足している』が大きく下降していたのは20代男性と40代男性で、20代男性では2018年37.5%→2019年26.5%、40代男性では32.5%→21.5%と、いずれも11.0ポイント下降した。

仕事への満足度は?

次は、就業者(1,236名)に、仕事に対する満足度について。
≪仕事・職業についての総合的な満足度≫を聞いたところ、『満足している』は36.6%、『満足していない』は29.7%という結果に。

『満足している』を性年代別にみると、男女とも40代が最も低くなった(40代男性23.7%、40代女性36.7%)。何故かと考えてみると、まさにこの世代は“就職氷河期世代”にあたるのだ。なんと40代男性では、全体と比べて12.9ポイント低い割合に。

ちなみに、昨年の調査結果と比較すると、『満足している』は2018年42.0%→2019年36.6と、5.4ポイント下降してしまっている。

それでは具体的に、仕事のどのような点に満足や不満を感じているのだろうか。

≪報酬≫に現時点でどの程度満足しているか聞いたところ、『満足している』は25.4%、『満足していない』は45.3%と、報酬に満足できていない人が上回る結果に。

『満足している』を就業形態別にみると、最も高いのは「公務員・団体職員」(40.0%)、最も低いのは「自営業・自由業」(18.0%)となった。就業形態によって、報酬満足度に大きな差がみられる結果に。

続いて、働く上でとても大事になってくる≪職場の人間関係≫に、現時点でどの程度満足しているか聞いたところ、『満足している』は43.2%となり、≪ワークライフバランス≫では『満足している』が43.3%、≪福利厚生≫では『満足している』が29.5%となった。

『満足している』を男女別にみると、≪職場の人間関係≫(男性40.3%、女性47.6%)や≪ワークライフバランス≫(男性38.3%、女性50.8%)と、女性のほうが高いのが見てとれる。

続いては、人生においてこれまた大事になってくる、パートナーに関する結果だ。

人生満足度とパートナー。あなたはパートナーに満足している?

パートナー(恋人・配偶者)がいる人(1,256名)に、パートナーに対して、現時点でどの程度満足しているか聞いたところ、『満足している』は63.4%、『満足していない』は14.7%と、満足している人の方が多いという喜ばしい結果に。

加えて、『満足している』を性年代別にみると、男性では30代以降は年代が上がるにつれ高くなり60代・70代男性では70.4%と非常に高い数値に。

一方、興味深いことに、女性では異なる傾向がみられ、数値の推移が男性とは真逆となったのだ。

最も高いのは20代女性で72.9%、以降50代までは年代が上がるにつれ低くなり、最も低い50代女性では54.1%という結果に。読者の女性の方は、思わず笑ってしまっているかもしれない。

夢を見て結婚をして、どんどん現実に直面し、それに比例して数値が下がっていってしまう…そんな状況が目に浮かんでしまう。

さらには、生まれ変わっても、今のパートナーと一緒になりたい(一緒にいたい)と思うかという究極的な質問をしてみたところ、『一緒になりたい』(「一緒になりたい」と「どちらかと言えば一緒になりたい」の合計)は46.5%、『一緒になりたくない』(「一緒になりたくない」と「どちらかと言えば一緒になりたくない」の合計)は20.1%と、肯定的な意見が多い結果となった。

『一緒になりたい』の割合を性年代別にみると、最も高いのは20代女性(61.7%)。最も低いのは60代・70代女性(32.4%)で、60代・70代男性(49.7%)と比較すると17.3ポイント差がある。これまた、シニア世代では男女間に大きな意識差があることがうかがえる。

では、ここで気になるのが人生の幸福度に大きく関わってくるパートナーとの関係に満足するには、何が必要かということだ。そこで、パートナーがいる人(1,256名)に、今のパートナーに対し、どのような点で満足しているか聞いたところ、こんな結果がでた。

「優しさ・思いやりがある」(50.2%)が最も高く、次いで、「家族を大切にする」(44.3%)、「口うるさくない・自由にさせてくれる」(35.0%)、「相談できる」(32.7%)、「頼りがいがある」(27.8%)という結果に。

優しさや思いやり、家族への態度といった人間性の面で、満足を感じている人が多いよう。

また注目したいのが、男女別にみると、「口うるさくない・自由にさせてくれる」(男性21.6%、女性45.9%)が、女性のほうが24.3ポイントも高いという点だ。

女性は、自分の自由を認めてくれる男性に満足感をおぼえるよう。夫婦円満のためにも、この結果はチェックしておきたいものだ。

パートナーを表す漢字 「優」がダントツ、男性回答3位は「美」!

では、現在のパートナーに対して、どのようなイメージを持っている人が多いのだろうか。パートナーがいる人(1,256名)に、パートナーを漢字一字で表してもらったところ、「優」がダントツ、「愛」「楽」が2位となった。

男女別にみると、男性回答では、1位「優」、2位「愛」、3位「美」となった。

それぞれの漢字を選んだ理由をみると、1位の「優」については「思いやりがあり、優しいから(70代)」、「すべてにおいて優れている(30代)」など、人柄の良さや能力の高さを挙げるコメントがみられた。

2位の「愛」については「愛している人だから(20代)」、「愛情に満ちあふれた人だから(50代)」などの理由、3位の「美」については「心も見た目も美しい(30代)」などの理由が挙げられた。

女性回答では、1位「優」、2位「楽」、3位「自」というラインナップに。1位の「優」を選んだ理由については、男性の場合と同様、優しさや優秀さを理由に挙げる人が多くみられた。

2位の「楽」については「楽しくて一緒にいて楽だから(50代)」などの理由、3位の「自」については「自由な人だから(40代)」などの理由が挙げられた。

こうして見てみると、男女とも心のつながりを大切にしているようだが、女性では「自」が3位にランクインしているのに対し、男性ではランクインすらしていないのが、興味深い点だ。

前述の「今のパートナーに対し、どのような点で満足しているか」にも挙がったように、女性はパートナーとの関係に「自由さ」を求めているようで、これは女性の自立心を表すとともに、家庭に留まらず外の世界にも居場所を求めているということなのではないだろうか。

あなたの2019年の人生の満足度はどれくらいだった?

10人いれば10通りの人生があり、それぞれがそれぞれの自由の範囲で、日々様々な選択を繰り返している。

人間は、満足してもより大きな満足を求めてしまうという側面もあるから、今回の結果をみても分かるように「100%の満足」はなかなか難しく、実際にそう言いきれる人は、ほんの一握りかもしれない。

しかし、1人として同じ人生を歩む人はいないと考えれば、100%と言えなくとも、身近にある自分だけの幸せに、気が付くことができそうだ。

2019年に自分が幸せを感じたことを振り返り、来るべく新しい年へ想いを膨らませてみてはいかがだろうか。

2020年は、ついに東京オリンピックが開催されるため、チケットの申し込みや、聖火ランナーへ応募した人も少なくないのでは?

世界的に大きなイベントを楽しんだり、この結果を参考にしたりしながら、2020年は今年よりもちょっと、人生満足度を上げたいものである。

構成/Nagisa

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。