人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来年の手帳、もう決めた?ミニチュア写真家・田中達也氏に聞く「MINITURE LIFE DIARY」制作秘話

2019.12.22

2020年の仕事始めとともに使いたい手帳を探している人も多いはず。スケジュール管理に適した実用一点張りの手帳もいいが、想像力さえも高めてくれそうなものとなると、なかなか見つけにくいかもしれない。もしかしたらミニチュア写真家・田中達也さんが手がけた『MINIATURE LIFE DIARY』なら、その一役を担ってくれるかもしれない。

日用品を別のものに見立てた作品をInstagramに毎日アップし続け、210万人超ものフォロワーを持つ田中さんの作品を計53作品掲載した手帳で、スクエア版とA6版の2タイプ。表紙は限定版も含めて、それぞれ7種ある。

どれも「こんな見立てをするのか!」と感心するものばかりで、本人も「基本、作品に甲乙つけがたい」という中で、あえてお気に入りを3作品選んでもらった。

付箋がネオンに見える「街の目印」

僕は鹿児島で暮らしているのですが、東京に打ち合わせで行くことも多いんです。そんな時、夜の街で色とりどりに輝くネオン看板を見ると、「いかにも東京ぽい風景だな」と感じていました。この作品では本をビルに見立て、そこに付箋を挟むことでネオン街を表現してみました。付箋に蛍光色タイプを使用することで〝大人の街〟ぽくなったのではないでしょうか。

心も洗ってほしい『スポン島』

食器の汚れを落としてくれるスポンジに、僕はとてもポジティブなイメージがあります。ものをキレイにする日用品なので、それを作品に使うと見ていただいた人の心もスッキリしてくれそうな気がするんです。この「スポン島」では2種を使っていて、ひとつは水色のスポンジのやわらかいほうを表にして波を、もう一つは緑色のスポンジの硬いほうで一面に芝生が敷かれた南の島を表現しました。こんな島を訪れれば、心に溜まった澱を洗い流せそうだと思いませんか?

北島康介選手の名台詞がヒント!?『水泳選手は目も超いい』

リング部分を飛び込み台に、ブルーの表紙部分を水面に見立てた作品。水面のように表紙が水泳選手の姿を反射しているところがポイントです。水泳選手の言葉で記憶に残っているものといえば、2004年にアテネ五輪の100m平泳ぎで金メダルをとった時に北島康介選手が叫んだ「ちょー気持ちいい」。この名台詞をタイトルに入れたらフォロワーの皆さんも気付いてくれたようで好評でした。

ミニチュア写真家・見立て家
田中達也さん
1981年、熊本県生まれ。広告などのアートディレクションに携わっていた中、趣味で始めたInstagramが人気となり、ミニチュア写真家に転身。自身のHP「MINIATURE CALENDAR」で、毎日1作品をアップし続けている。
http://miniature-calendar.com/

ダイゴー『MINIATURE LIFE DIARY』
1:A6ウィークリー 税込み価格1650円 色展開:春、虹、地球
2:スクエアウィークリー 税込み価格2090円 色展開:春、虹、地球

1は縦14.8×横10×厚さ0.9㎝、120g。2は縦18.2×横18.2×厚さ0.9㎝、265g。2 のみメッセージカード×1付属、TO DOリスト機能。ともにページ数は112ページ。表紙はカード紙。本文は4色印刷。ウィークリースケジュール(日付なし・月曜始まり・見開き片面1週間)、フリースペース。3年カレンダー付属。日本製。
3年カレンダー

ご購入はこちらから!
https://www.pal-shop.jp/category/IP_001_000_000/A12912008.html

ダイゴーECサイト限定版の購入はこちらから!
https://shop.daigo.co.jp/

文/寺田剛治

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。