人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来年2月発売!ホンダの4代目「フィット」に乗ってわかった本当の実力

2019.12.17

いよいよ2020年初頭、国産コンパクトカーの未来を占う超注目の1台が登場する。そう、東京モーターショー2019の期間中に発表された、ホンダ・フィットの4代目である。

フィット4はグローバルで通用する新時代のコンパクトカーであるとともに、何よりも「心地よさ」にこだわって開発されたのが特徴だ。歴代フィットの大きな魅力、ライバルを寄せつけない広大な室内空間、圧倒的に広い後席、シートアレンジ性、荷室の使い勝手をもたらす独創のセンタータンクレイアウトを継承しつつ、どこか柴犬を思わせる!? これまでのフィットのシャープな目つきとは異なる、愛らしい、ほのぼのとした顔つき、存在感をたたえたエクステリアデザインを見ただけでも、新型らしさを実感できる。こう言ってはなんだが、フィット3のエクステリアデザインは、ずんぐりとした印象で、サイドのピンセットのようなキャラクターラインが好き嫌いを呼んでいたような気がする。

ボディーサイズは全長3995mmと5mmの延長にとどまり、全高は-10mm。つまり、より低く低重心になったということだ。

が、フィット4のエクステリアデザインは、開発陣いわく、「洗車がしやすい、360度、面でつながっているシンプルな面で構成されている」と言うように、カッコ良さより、親しみやすさある機能さえ備えているのだ。特に極細Aピラー(116mmから55mmに)は、新型のエクステリアのハイライトと言える部分で、クリーンなデザイン性、69度から90度に開いたパノラミックフロントウインドー、水平基調のインパネデザインとともに、前方、斜め前方の視界の良さに貢献。ワイパーを視界に入れないことで、すっきりとした爽快(そうかい)視界を確保している。

グレードも多彩になり最上級かつフィット初の本革シートをおごるLUXE、アクセントカラーが新鮮なフィットネス的キャラクターのNESS、上質感を高めたHOME、ベースグレードのベーシック、そして、フリードにも加わったばかりのSUVテイストを持たせたクロスター(フリードと違い、最低地上高+30mmを確保し、撥水(はっすい)シート、16インチタイヤ、ホイールアーチプロテクターも備えた本格グレード)がそろう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。