人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

迫力のあるVR映像を手軽に体験できる5.5インチ高精細4Kディスプレイを搭載したVR HMD「Pico G2 4K」

2019.12.17

高精細な4K解像度のディスプレイ採用により、VR動画の視聴に適したVR HMD『Pico G2 4K』がSoftBank SELECTION オンラインショップに登場した。

高精細な4K解像度のディスプレイ採用した『Pico G2 4K』

4K(3840×2160)解像度で画素密度が818ppiの高精細な5.5インチTFT液晶ディスプレイを搭載。一般的なスマートフォンの1.5倍~2倍となる画素密度のディスプレイを採用したことで、レンズによって拡大された映像であっても解像感が落ちることなく、高精細に見ることができる。

Pico G2 4Kに採用したパネル(ディスプレイ)は、RGBペンタイル配列ではなく、RGBストライプ配列による4K解像度を実現している。

映像を表示するピクセルは、1ピクセルごとに色の三原色「赤・緑・青」のサブピクセルを組み合わせることで構成されているが、RGBペンタイル配列は一部の色を間引いたり、サブピクセルの大きさを変えており、表示される映像の実質的な解像度が下がる。

一方で、Pico G2 4Kが採用しているパネルのRGBストライプ配列では、1ピクセルを構成する色の三原色が均等に配列されているため、レンズによって拡大されても高精細な映像を楽しむことができ、4K解像度をフルに生かした映像体験が可能に。

 その他にも、4ms以下の低遅延や75Hzのリフレッシュレート、NTSC比85%の色再現度などの高い品質を実現しており、VR HMD製品に求められる没入感を、より高いレベルに引き上げている。また、長時間利用時の目の負担を軽減するために、ブルーライト低減のテュフラインランド認証を取得。また、「アイ プロテクトモード」により、さらにブルーライトカットの映像表示が可能になる。

CPUにはQualcommのSnapdragon 835を採用したほか、4GBのRAMと32GBのストレージを搭載。高いパフォーマンスを実現しながらも重さを約276gに抑えたほか、後頭部を押さえるバンド部にバッテリーを搭載することで長時間装着しても負荷がかかりにくい設計となっている。

SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:4万9464円

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。