人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

完走したら人生が変わる!?アップダウンが半端ない250kmのコースを7日間で踏破する超過酷な「白山ジオトレイル」の魅力

2020.01.12

2020年の記念すべき東京五輪イヤー、何かに挑戦するにはこれほどふさわしい年はない。というわけで、7日間のアドベンチャーマラソン〝白山ジオトレイル〟を紹介したい。

白山ジオトレイルは、7日間をテント生活しながら霊峰白山(石川県)と白山麓の荘厳な大自然の中、総距離約250kmを踏破するもの。

コースは、高低差1,500m以上で累積高度が12,000m以上と世界一。アップダウンが半端ないのが特徴だ。しかも、食料は参加者がすべて背負うアドベンチャー。生半可な気持ちじゃ、ゴールどころかウチにも帰れない。

ウルトラマラソンを経験して気づいたこと

2020年は、8月23日(日)~29日(土)に行なわれる予定だ。主催は、白山ジオトレイル実行委員会、委員長を赤坂剛史さん(写真)が務める。自身はこれまで、以下のウルトラマラソンを経験してきた。

2008年:サハラマラソン。7日間245km(モロッコ)
2009年:アタカマクロッシング。7日間250km(チリ)
2010年:ゴビマーチ。7日間250km(中国)
2010年:ラストデザート(南極マラソン)。7日間250km(南極)

そして気づいた。

〝人は挑戦を節目に、自分に自信がつき、新たな自分に出会い、新しい生き方が出来るようになる〟

そこから様々な人との出会いや、白山との巡り合わせが重なり、2014年8月、第1回白山ジオトレイルを開催。現在では、元F1ドライバーで登山家の片山右京さんが白山ジオトレイル名誉顧問を務めるなど、回を重ねるごとに注目度が高まっている。

個人でも1チーム3名のチームでも参加可能。チーム参加なら、苦しみも喜びも感動も3倍!

すべての持ち物は7日間を生き抜くために!

最終ゴールまでの7日間の食料は、参加者が用意して、1日目のスタート時にすべての食料をバックパックに詰め込む。

各ステージには約10キロごとにチェックポイントがあり「水」の補給は受けられる。そして、各ステージのゴール地点では、指定されたテントでキャンプ生活。食事は自分で作って、寝袋で眠る。

白山ジオトレイルは自己完結型のアドベンチャーなのだ。ちなみに、持ち物の一部がこちら。

●食料 : 7日間は14,000キロカロリー以上、3日間は最低6,000キロカロリー以上(ドライフード推奨。キャンプ地でお湯は供給される)
●ハイドレーションシステム : 一度に2.0リットル以上の水を運ぶ能力を有すること
●ホイッスル : 緊急であることを知らせる
●鏡 : 緊急時に居場所を知らせる
●熊鈴 : 大きな音が鳴るもので代用可。熊に遭遇する可能性有り
●足まめ治療道具一式 : ガーゼ、テーピング、針、セカンドスキン等
●シュラフ : 推奨温度15℃以上
●ソックス : 毎日清潔なものを履くのがよいですが、多くの選手は2足
●コンパス : コース上で使用
●スネークポンプ : 虫、はち、へびの毒吸い取り装置(ポイズンリムーバー)
●熊スプレー : 使い方を把握していること(7日間のみ)。推奨性能:水性・到達距離3m以上
●携帯トイレ : 緊急用

まさにサバイバル。ゴールのあかつきには、新たな自分に出会い、新しい生き方が出来るようなるのは間違いない。2020年夏、新しい自分に出会ってみないか?

アタマも足腰もフルに使って、つかの間の休息。しかもキャンプ地近くには温泉も。

仲間と一緒に7日間250kmのアドベンチャーへ挑戦すれば、忘れられない思い出に。

■第7回 白山ジオトレイル 大会要項
2020年8月23日(日)~29日(土)、受付8月22日(土)
開催場所:石川県白山市 白山麓エリア
主催:白山ジオトレイル実行委員会

詳しくは〝白山ジオトレイル〟まで
http://www.hakusangeotrail.com/

文/堀田成敏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。