人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

冬の思い出作りに最高の場所!幻想的な世界を楽しめる箱根「彫刻の森美術館」のライトアップイベント

2019.12.15

彫刻の森美術館にステキな光のミュージアムが期間限定で誕生した。通常、17時で閉館する同美術館が、1時間延長開館して行う「箱根ナイトミュージアム」が今年もスタートしたのだ。

今回で3回目の開催となるこちらのイベントは、昨年よりもライトアップエリアが拡大し、魅力を増している。さらに展示作品の中でも特に話題のステンドグラスの塔、≪幸せをよぶシンフォニー彫刻≫にもライトアップを実施。延長開館に合わせて、今年の夏にリニューアルオープンしたピカソ館も期間中は18時までオープンする。

高橋匡太≪Glow with Night Garden Project in Hakone≫。館内に広がる素敵な光の世界

台風のダメージやアクセスは?

ただ、箱根というと少し気になるのが先の台風の被害だ。

箱根内の移動手段としては「箱根登山鉄道」が便利で、彫刻の森美術館へもこの電車で箱根湯本駅からアクセスできた。しかし、箱根登山鉄道は現在、台風の被害で全線にわたって全力の復旧工事を行っており運休中だ。

この運休期間中は箱根登山線の駅(一部は駅至近)を経由する代行バスが走っているので、こちらを利用したい。なお、箱根登山線の乗車券がバスの利用に必要となるので、通常通り駅できっぷを購入してバスを利用しよう。

ロマンスカーなどで小田急線内から出発する場合もいつも通り目的地までのきっぷを購入すればOK。一部の駅では券売機が使用休止中なので、その場合は下車時に乗車駅を告げて清算する形になっている。

ただし、駅券売機以外では代行バスでの交通系ICカードの利用はできず、現金精算のみとなっているので要注意だ。代行バスの時刻表はこちら

代行バスというと、所要時間が鉄道利用時に比べて大幅に増えるものも多いが、こちらのバスは道路状況にもよるが列車と比べて極端に所要時間が増えているわけではないので利用しやすい。箱根湯本までの小田急線やロマンスカーは全て通常運転となっている。

箱根湯本駅からは登山鉄道ではなく列車代行バスに乗り換えよう

改札を出て橋を渡った先がバス乗り場になっている

代行バスは列車のダイヤと異なって運行されているので時刻をしっかりとチェックしよう

ロマンスカー前面展望席を予約するポイントは??

箱根へのアクセスといえばやっぱりロマンスカーだ。予約は駅窓口、券売機の他、Webでも可能となっている。

最近では鉄道の予約もようやくオンラインで決済できるものが多くなってきたが、小田急ロマンスカーに関してはわずらわしい会員登録をせずとも予約できるのがとても便利だ。

もちろん、展望席のあるロマンスカーVSE、GSEの展望席も予約可能。前側の展望席は人気が高いものの、平日などを中心に、実は利用直前で空席をチェックすると空いていることも少なくない。

実際にこの取材へ行った時も出発1時間前にオンライン予約時に空席を確認したところ、前展望席を入手できたのでまめにチェックしてみてほしい。

ロマンスカーに乗るならやっぱり展望車付きのVSEかGSEに乗りたい

運転士さん気分で箱根へGO!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。