人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どんな味?世界初の〝涙の出ないタマネギ〟を使ったハウス食品の新感覚飲料「ONIONADE」

2019.12.16

ハウス食品が10年余りかけ開発

サラダの定番食材の1つであるタマネギ。

言うまでもなく、生のタマネギは辛いし、涙も出るしで、事前に水にさらして辛味成分を抜くひと手間がかかる。

そんなタマネギの当たり前をくつがえしたのが、ハウス食品が10年以上の歳月をかけて開発した、新品種のタマネギ「スマイルボール」だ。

「スマイルボール」は、タマネギを切ってその細胞が壊れた際に生成される辛み成分が既存品種と比較して著しく低いのが特徴。実質的に生で丸かじりしても、あの不快な辛みをほぼ感じないし、涙も出ないという。

このような革新的なタマネギは世界初で、特許も取得している。ついでながら、研究開発の過程で発表した論文は、「タマネギが人を泣かせる生化学的なプロセスは、科学者が考えていたより複雑であることを明らかにした」と評価されて、イグ・ノーベル化学賞を受賞している。

現状、「スマイルボール」は、北海道夕張郡栗山町の農園で生産されており、一部のスーパーや百貨店、ハウス食品の公式通販サイト「ハウスダイレクト」や「LOHACO(ロハコ)」にて購入可能となっている(くわえて、時おり直販イベントで販売される)。いわゆる春の「新タマネギ」と違い、スマイルボールの旬は9月末~1月末。つまり、今が食べごろとなる。

現物を入手して食べてみた

タマネギにはいつも泣かされている筆者が、興味津々で現物を入手した。下の写真をご覧のとおり、見た目は普通のタマネギだ。ほかのタマネギと混ざったら、見分けがつかないだろう。

「スマイルボール」の外観

皮をむき、あえて切れ味の悪いナイフを使い、輪切り、薄切り、みじん切り……と、丸ごと1個を様々にカットする。通常のタマネギであれば、涙が出てどうしようもなくなるが、このタマネギについては不思議なくらい、そうはならない。同居人も「ホントだ。ぜんぜんしみないですね」と驚く。

「スマイルボール」丸ごと1個をカットしても涙は出なかった

カットした「スマイルボール」の一片をそのまま口に入れ、食べてみる。タマネギ特有のあの刺激は感じられない。リンゴやナシといった果物のようにサクサク食べてしまえる。さすがに果物のように甘いわけでないが、繊細な味わいを楽しめる。さらに、サラダや野菜炒めにも使ったが、問題なく食べられた。タマネギ特有の刺激はないのに、「タマネギを食べている」ことはちゃんとわかり、おいしく食がすすむ。ちなみに、ポリフェノールの1種であるケルセチンが、通常の新タマネギの約4倍も含まれているそうで、健康意識の高い人にもすすめられそうだ。

「スマイルボール」を素材にした新体験飲料

さて、本題。このたびハウス食品は、この「スマイルボール」を素材にしてドリンクを開発した。名称は「ONIONADE(オニオネード)」。レモネードと語呂合わせの商品名なのは、ハチミツも原材料に含まれているから。

「フルーツのような甘みと柑橘系の後味が驚きの新体験飲料」というのが触れ込みで、クラウドファンディングサイトのMakuakeにて、予約販売を実施している。

「スマイルボール」を使った新感覚飲料「ONIONADE」

こちらも特別にサンプルを取り寄せて飲んでみた。りんごのすりおろしのような色合いで、多少のとろみがあって、かすかに「スマイルボール」の香りを感じる。

レモンも含まれるので、酸味が強いのかと思ったら、そうでなくストレートのリンゴジュースを想起させる、甘みのやや勝る風味であった。いい意味で、タマネギから作られたとは思えない、新しいさわやかな飲料というのが率直な感想だ。また、ハウス食品によれば、「フルーツカクテルを作るようにお酒やソーダで割っても美味しく飲んでいただけます」とのこと。

前述したように、「ONIONADE」はMakuakeで先⾏予約販売を展開中。「ONIONADE6本+スマイルボール2玉(2Lサイズ)」で5500円のコースなどあり、終了日は2020年1月7日、発送は翌2月となっている。経験したことのない新しい味に興味のある方はいかが?

編集部注:クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。支援に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。