人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2019年印象に残った出来事、ジャニー喜多川さん死去、台風15号や19号の被害、高齢ドライバー事故などが上位に

2019.12.14

残り僅かとなった2019年。年の瀬が迫り、「新語・流行語大賞」が発表され、テレビをつければ、今年の流行歌を取り上げた歌謡番組が放送されるなど、何かと今年1年を振り返る機会も増えてきた。

そこで今回、通信教育を手掛ける株式会社ユーキャンによる、10代~40代の男女356名を対象にした、2019年の印象に残った出来事や2020年のトレンド予測に関するアンケート調査の結果を紹介していきたい。

2019年で印象に残った出来事は?

2019年の印象に残った出来事を尋ねる調査が行われたところ、文化・スポーツ・エンタメ・自然/科学技術関連では、同率1位で「ジャニー喜多川さん死去」、「台風15号・19 号が上陸、各地で大きな被害」(46.9%)、3位「イチロー選手引退」(41.6%)、4位「ラグビーワールドカップで日本が初のベスト8入り」(39.9%)、5位「水泳の池江璃花子選手が白血病に疾患していることを報告」(39.0%)という結果に。

数多くのスターを生み出したジャニー喜多川さんの死去、台風15号・19号の大きな被害の2点が半数近くの人の票を集めた。

また、上位の出来事を見ると、スポーツ分野の話題が多くを占めた。引退や病気など理由は様々だが、野球のイチロー選手や水泳の池江里佳子選手、レスリングの吉田沙保里選手などの著名なスポーツ選手が一旦表舞台から退いたことが多くの方の印象に残ったようだ。

一方で、ラグビー日本代表やバスケットボールの八村塁選手など、新しいスターの躍進も見られた。

政治・経済・社会関連で印象に残った出来事は、1位「高齢ドライバーの危険運転事故が多発」(57.6%)、同率2位「新元号『令和』への改元」、「消費税が8%から10%に」(55.3%)、4位「京都アニメーションで火災事件が発生」(43.8%)、5位「吉本興業の闇営業問題が発覚」(35.1%)という結果に。

昨年「2019年に話題になりそうなこと」を調査した際、トップ2にランクインした改元と消費税引き上げを抑え、高齢ドライバーによる危険運転事故が最も印象に残ったという結果に。

その他、京都アニメーションでの火災事件や吉本興業の闇営業問題など、人々の印象に残る出来事が多く起きた一年となった。

2020年、文化・スポーツ・エンタメ・自然/科学技術関連で話題になりそうなことは?

次に、2020年に話題になりそうなことを尋ねる調査が行われたところ、文化・スポーツ・エンタメ・自然/科学技術関連では、1位「夏季オリンピック・パラリンピックが東京で開催」(44.4%)、2位「『嵐』が活動休止予定」(42.7%)、3位「NTT ドコモが5Gの商用サービスを開始予定」(20.8%)、4位「『SUPER NINTENDO WORLD」がユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にオープン」(18.8%)、5位「『プレイステーション 5(PS5)』発売」(15.7%)という結果になった。

大活躍を続ける「嵐」の活動休止や、通信と暮らしを大きく変えるとされている 5Gの商用サービス開始など、2020年も一つの時代の転換点といえるような出来事が多く予定されており、それらへの注目が既に集まっていることが見て取れる。

2020年、政治・経済・社会関連で話題になりそうなことは?

一方、政治・経済・社会関連では、1位「アメリカ大統領選挙」(28.4%)、2位「最後の『大学入試センター試験』が実施」(25.3%)、3位「全国の小学校で英語が『教科」として正式にスタート」(18.8%)、4位「全国の小学校で『プログラミング教育」が必修化」(17.4%)、5位「東京都の小池百合子知事が任期切れ」(16.3%)という結果になった。

トランプ大統領が再選を狙うことが予想されている「アメリカ大統領選挙」が大きな注目を浴びる中、2位から4位を最後のセンター試験、小学校での英語・プログラミング教育といった国内の教育に関する話題が占めている。

数十年ぶりに行われる教育改革に対する関心の高さがうかがえる結果となった。

2020年の教育改革で「大人の学び方も変わると思う」が65.2%

2020年のトレンド予測では、センター試験の廃止や英語・プログラミング学習など、教育改革にまつわる出来事が上位にランクインしていた。

それを踏まえた上で、生涯学習・資格取得と密接に関わる教育改革について、追加調査が行われた。

まず、「教育改革が2020年に行われると聞いたことがあるか」と尋ねる調査が実施されたところ、65.4%の人が「聞いたことがある」と回答した。

改革を翌年に控え報道される機会が増えてきたということもあるが、3分の2近くの人が教育改革について知っているという結果となった。

さらに、「教育改革は、大人の学びやスキルアップに対する意識が変化するきっかけになると思うか」と尋ねる調査が行われたところ、「大きく変化すると思う」(17.7%)、「どちらかというと変化すると思う」(47.5%)と 65.2%の方が変化すると思うという結果に。子どもの学びが変わるにつれて、大人の学び方も変化すると考える人が多数であることがわかった。

また、「教育改革が進む中で、社会で活躍するに際して重要だと思う能力は何か」と尋ねる調査が行われたところ、1位「多種多様な人とかかわるためのコミュニケーション能力」(36.2%)、2位「ストレスに負けない精神力・思考」(34.8%)、3 位「グローバル化に対応した英語・語学力」(30.6%)という結果になった。

2020年、武器になる資格 No.1は「TOEICテスト」

2020年のトレンド予測を踏まえた上で、2020年に取っておくと武器になると思う資格は何かを尋ねる調査が行われたところ、1位「TOEIC(R)テスト」(21.9%)、2位「ファイナンシャルプランナー(FP)」(19.1%)、3位「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)」(16.9%)という結果に。

先述の「教育改革が進む中で、社会で活躍するに際して重要だと思う能力は何か」尋ねた調査からも明らかなように、グローバル化に対応した語学力への関心が高まり、「TOEIC(R) テスト」に注目が集まっていることがうかがえる。武器になる資格に選んだ人からも、「やっぱり英語は必須」「外国人観光客が増えると思う」などとの声が挙がった。

注目を集める「TOEIC(R)テスト」について、ユーキャンの TOEIC(R)L&R テスト講座担当講師が、その背景や状況を分析している。

<ユーキャン TOEIC(R)L&R テスト講座 担当講師からのコメント>

ここ数年、駅や商店街、観光地やスタジアム等で外国人を見かけたり、彼らとの会話に英語を使う機会は増えています。

さらに 2020年度から小学校の英語授業が必須になります。これは、多種多様な人とのグローバルなコミュニケーションを可能にする実戦的な英語力が広く求められていることを端的に示しています。

日本国内にいても英語力の必要性は高まる一方。もはや社会生活やビジネスシーンでの使える英語力は「あると便利」から「ないと不便」となりそうな勢いです。その中で、TOEIC(R)テストでのハイスコアは英語力の証明として様々な場面でますます効果を発揮するでしょう。

2位から4位には例年通り人気資格がランクイン。2位の「ファイナンシャルプランナー(FP)」に関しては「お金の知識は何にでも役立つ」「有名な資格だから」といった意見があがった。

3位は「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)」、若い世代からは「就職に有利そう」「持っている人が多く必要性を感じる」といった声があり、資格が浸透している様子が見て取れた。4位の簿記については、「持っていて損はない」「いつの時代も一定の需要がある」と、変わらぬ資格への信頼感を感じさせる声が集まった。

5位以降にはケアマネジャー、IT パスポート、メンタルヘルス・マネジメント(R)検定がランクイン。5 位以降の3つの資格は前年度より順位を上げている。前項における教育改革の調査でも明らかになった「ストレスに負けない精神力・思考」への注目や、介護や ITの知識の需要の高まりが見て取れる。

さらに、「2020年に実際に取得してみたい資格」の回答では、武器になる資格と変わらず 1位「TOEIC(R)テスト」(12.6%)、2位「ファイナンシャルプランナー(FP)」(11.8%)、3位「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)」(9.3%)というトップ3に。4位以降には食生活アドバイザー(R)やインテリアコーディネーターなど、日常でも使える資格を取得したいとの声が見られた。

09

昨年調査が行わっれた「2019年武器になる資格」、そして「2019 年に実際に取得してみたい資格」のトップ3にはいずれにも「TOEIC(R)テスト」、「ファイナンシャルプランナー(FP)」、「簿記」が選ばれていることから、2020年も引き続きスキルアップやキャリアアップにつながりやすい資格が人気であることがうかがえる。

また、「資格の取得や自身のスキルアップについて興味があるか」と尋ねる調査が行われたところ、「とてもある」(23.3%)「少しある」(46.9%)と、昨年に引き続き 7割以上の方がスキルアップに興味ありという結果に。

「今後、新たな資格を取得したいか」という問いに対しても、「とても取得したい」(26.7%)「どちらかというと取得したい」(44.4%)と多くの方が資格取得に意欲的であることがわかった。スキルアップへの熱はまだまだ高い傾向が続きそうだ。

<調査概要>
調査名:2020年のトレンド予測と資格取得、教育改革に関する意識調査
調査対象:10代~40代の男女 356名(男性160名、女性196名)
実施期間:2019年11月1日~8日
実施方法:インターネット調査
対象地域:全国
※グラフのパーセンテージは四捨五入されているため合計値が100にならないものもある。

出典元:株式会社ユーキャン

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。