人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経営者が不動産投資を始めたきっかけTOP3、3位生命保険の代わり、2位利回り商品、1位は?

2019.12.13

経営者の不動産投資のきっかけは?

総務省の家計調査年報(2017年)によると、年金生活をしている高齢夫婦が月に使用している費用は26.4万円とされているが、公的年金など社会保障からの収入は19.2万円となり、7.4万円はそれまでの貯金によるものだ。

現代の20代~40代は将来的に年金を受給できなくなる可能性がゼロではない中、貯蓄の必要性を強く感じていることだろう。

そこで、投資によって財産を増やすことが選択肢として挙げられるが、自分一人ではなかなか決断することができず、ずるずると先送りにしてしまったという人は少なくない。

そこでFGHは、不動産投資をしている経営者を対象に、「不動産投資」に関する意識調査を実施した。今回は経営者が不動産投資を始めた「理由」「きっかけ」「情報源」を紹介しよう。

将来に不安を抱いている人はぜひチェックしてほしい。

まず、「不動産投資を始めた理由は何ですか?」と質問したところ、「年金対策」(38.2%)という回答が最も多く、次いで「利回り商品として」(29.7%)、「生命保険代わり」(18.5%)、「節税(税金対策)」(11.4%)と続いている。

次に、「不動産購入のきっかけを教えてください」と質問したところ、「知人の勧め」(32.5%)という回答が最も多く、次いで「資産形成の為」(27.0%)、「利回りが良かったから」(22.5%)、「営業に押し切られた」(16.1%)、と続く。

「不動産に関する情報源を教えてください」と質問したところ、「情報サイト」(35.6%)という回答が最も多く、次いで「顧問などのパートナー」(30.5%)、「経営者仲間」(17.7%)、「SNS」(12.7%)、「情報屋」(2.2%)と続く。

やはり専門的な分野ともなれば、まずは情報サイトなどで知識を収集したうえで、独学自力が難しいものに関しては信頼できる顧問やパートナーからの情報を頼りにしているようだ。

次に、「購入後に運用の見直し(売却)を検討したことはありますか?」と質問したところ、当然のことながら8割近くが「はい」と回答する結果となった。

見直し(売却)の検討理由としては、

・近い将来価格が下落すると予想したから(北海道/40代/男性)
・入居者が決まらないから(埼玉県/50代/男性)
・持続しても損をしそうな物件だったから(神奈川県/50代/女性)
・想定通りの利回りを確保できなかったから(千葉県/40代/男性)

などが挙げられた。

専門分野においては、やはり専門知識や信頼のおけるパートナーなどからの助言が後押しになる。購入前の方も所有している方も説得されるのではなく、納得した投資運用をしたいものだ。

不動産投資に関するアンケート
調査期間 :2019年9月6日(金)~ 2019年9月8日(日)
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :1,082人
調査対象 :不動産投資している経営者
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。