人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カフェインレスでもOK!適量のコーヒー習慣に抗メタボ効果

2019.12.12

 食べたいものをガマンしたりしなくとも無理なく体重が減らせるメタボ解消法が話題だ。それは1日の中で食事ができる時間の範囲を設定することにある。

食べたいものをガマンしなくてよい“時間制限ダイエット”

 例えば1週間に1日だけ食事を断ってみる“プチ断食”は健康法として一定の支持を集めているが、それでも丸1日の断食は辛いという向きもあるだろう。

 そこで注目を集めているのが、“時間制限ダイエット(time-restricted eating)”だ。これは1日の中で、食事をしていい時間を自ら設定するだけの簡単なダイエット法である。その効果は減量のみならず、糖尿病予防、メタボリックシンドロームの改善と多くのメリットがあることが実験で確かめられている。

 米・カリフォルニア大学サンディエゴ校とソーク研究所の合同研究チームが2019年11月に「Cell Metabolism」で発表した研究では、19人のメタボリックシンドローム患者に時間制限ダイエットを12週間続けてもらい、健康状態の変化をチェックした。“時間制限”は10時間で、例えば朝8時から夕方6時までなど、その10時間以外には食事を摂らないことが課された。

Medical Xpress」より

 データを分析した結果、この時間制限ダイエット(TRE)は、スタチンや降圧薬の服用といった標準的な医療を受けているメタボリックシンドロームの患者の心血管代謝の健康を改善することが明らかになった。TREは、メタボリックシンドロームを治療するための標準的な医療行為に追加できるきわめて効果の高い補助手段になることが判明したのだ。

 具体的には“時間制限”をすることで摂取カロリーが平均9%減り、体重が3%減少した。特に将来の心臓疾患リスクの兆候となる腹部の脂肪が3%削減されたのである。

 また参加者の多くは質の高い睡眠がとれるようになったと報告しており、メンタルへの好影響も示唆されることになった。

 ご存じの通りメタボリックシンドロームは典型的な現代病として先進各国で問題になっている。今回効果が確かめられた時間制限ダイエットという力強い味方を試してみない手はないかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。