人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜホリデーシーズンに帰省して家族と過ごすことが現代人にとってはストレスになるのか?

2019.12.16

 ホリデーシーズンを迎え、家族や親類縁者と共に過ごす機会も増えるが、それでもやはり現代人には1人で過ごすプライベートな時間がかつてないほど必要とされているようだ。現代アメリカ人は休日であっても家族と4時間以上共に過ごすのは耐えられないというのである。

休日に近親者と共に過ごせる時間は3時間54分

 クリスマスから年末年始にかけてはこの時期にしか会わない人々と親交を温める機会も増えるだろう。普段なかなか会えない人々と交流する機会は、貴重なひと時であることは間違いないのだが、それでも現代人にとって愛すべき人々と一緒に過ごせる時間は、心理的にどんどん短くなっていることが最新の調査で報告されている。

 アメリカとカナダで低価格帯モーテルチェーンを展開する「Motel 6」の依頼でマーケティング調査会社の「OnePoll」は、ホリデーシーズンに家族連れで帰省したアメリカ人2000人に対して調査を行っている。

 収集した回答データを分析した結果、休日に家族を含め愛すべき最も身近な人々と共に過ごせる時間は平均して3時間54分であった。現代人は最愛の人々であっても4時間以上共に過ごすことに、きわめて抵抗を感じるのである。

Daily Mail」より

 そしてこうしたホリデーシーズンの帰省中にあって、4人に1人は機会を窺って別の部屋で1人で過ごす時間を確保しようとし、一方で37%はいったん完全にその場を離れて外出することがあると報告している。

 しかし誤解してはならならないのは、回答者の95%はホリデーシーズンに近親者と過ごすことはとても重要で有意義なことと考えていて、5人に2人が帰省で2日以上の滞在することを計画しているということだ。

 そしてもちろん家族の大半は帰省での滞在を楽しんでいるのだが、その一方でプライバシーの確保に難を感じたり、夜あまり眠れなかったりというストレスを決して少なくない数が感じている。やはり1人の時間が持てないことは、以前にも増して現代人にとってストレスになることが示唆されているのである。

 今回の調査を企画した「Motel 6」は、帰省であっても場合によっては帰省先の近くに宿を取ってみてもよいという提案をしている。自らのビジネスに繋げようという魂胆が見え見えともいえるが、ストレスを考慮すれば検討に値する解決策なのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。