人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

飛行機好きなら1度は泊まりたい!ニューヨークJFK空港に今年オープンした話題のホテルTWAホテルに行ってきた!

2019.12.09

今年、ニューヨークJFK空港にオープンしたTWAホテル。空のロマンに満ちあふれていたジェット時代、人々の憧れの存在だった航空会社トランス・ワールド航空のターミナル(TWAフライトセンター)をリノベーションしたホテルだ。

宿泊客でなくても、出張やトランジットの際に、気軽に楽しめるバーやレストランがあり、ニューヨークを訪れる際にはぜひ立ち寄ってみたいスポット。今回は、そんな話題のTWAホテルをレポートしたい。

60年代にタイプトリップ⁉そこは古き良きジェット時代のアメリカ

飛行機がまだ多くの人の憧れだった1960年代、空を夢みる全ての人たちのアイコンだったTWAターミナル。

Instagram より

建築家エーロ・サーリネンの代表作でもあり、美しい曲線を描く近未来的なそのデザインは「ジェット時代のグランドセントラル駅」と評され、ニューヨークのランドマークに。レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスが主演した映画「キャッチミー・イフ・ユー・キャン」の舞台としても有名だ。

現代から60年代へ!レトロモダンな空の旅を入り口から演出

ニューヨークJFK空港のターミナル5に、TWAホテルの入り口となるエレベーターがある。

ターミナル5はJET BULEが使っているので、エレベーターのボタンには、「現代 JET BLUE」「60年代 TWA HOTEL」という表示が。ジェット時代への旅心をかきたてるエレベーターのボタンだ。

エレベーターを出ると、TWAホテルへ行くタイムマシーンを思わせるトンネルのような通路があり、その入り口にジェット時代の栄光の歴史や、書斎が展示されている。TWA全盛期当時を知る人にとっては、わくわくする空間にちがいない。

ラウンジに改装したプロペラ旅客機と開放感あふれるロビー

ホテルに到着すると、かつてターミナルだった場所をリノベーションしたロビーが広がる。当時使われていたと言われるフライトタイムの掲示板がレトロで目を引く。まるでジェット時代の空港にタイムスリップしたかのようなスペースだ。

バーやレストラン、ショップが充実しており、ロビーでは、かつて大統領専用機にも使われた大型プロペラ旅客機「ロッキード・コンステレーション」、通称「コニー」を見ながら、ソファでくつろげるようになっている。

この旅客機の中は、カクテルラウンジ「コニー」となっていて、ジェット時代に使われていたプロペラ機に搭乗した気分でお酒が楽しめる。当時を知る人にとって「伝説のプロペラ旅客機でお酒が飲めるなんて感激」と貴重な体験になっているのだとか。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。