人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新車の購入希望、SUV人気の高まりに一服感

2019.12.10

10,000人に聞いた!2019年 日本新車購入意向者調査結果

新車を購入する際、あなたは何の情報を参考にする? J.D. パワー ジャパンが実施した『2019年日本新車購入意向者調査』によると、購入モデル検討の際に参考にする情報源は、高い順に「メーカー/販売店のホームページ」(35%)、「インターネットのニュースサイト/情報サイト」(28%)、「カタログ/パンフレット」(28%)、「販売店の展示車・試乗車」(22)、「路上を走っていた/駐車していた車」(21%)となっている。

年代別に見ると、「家族/友人/知人などの意見」では20~30代で23%、50~60代で15%、「口コミ/レビューサイト」では20~30代で20%、50~60代で12%となり、身近な人やユーザーの声に関する情報源で若年層の比率が高かった点が特徴的であるといえそうだ。新車購入経験の浅い若年層が身近な人や実際に車に乗った人の体験やアドバイスを重要視している現状が推察できる。

今回の調査により、安全技術への関心は総じて広がる傾向にあることも明らかになった。

全体的に新車購入意向者の安全技術装備への関心は高い。これまでは年代が上がるにつれて関心が高まる傾向があったが、20~30代でも関心が高まっていることが確認できた。

また、情報通信機能への関心は安全技術と比較すると低めではあるが、20~30代は他の年代に比べ高い傾向が確認できた。特に「電子デバイスと車載モニターの連携」といった、スマートフォンなどの電子デバイスとの連携を意識する傾向が見てとれる。

SUV人気の高まりに一服感

ボディタイプごとの検討率を見ると、昨年伸びの高かったSUVが35%(前年比+1%)、ミニバンと軽が30%(前年と変わらず)となり、ここ数年続いたSUV人気の伸びにも鈍化の兆しが見えてきた。

検討率を年代別に見ると、年代で最も差が見られるのはミニバンで、20~30代で36%(前年比+2%)、40~50代で28%(前年比-3%)、60代で20%(前年と変わらず)となっている。

J.D. パワー2019年日本新車購入意向者調査℠概要

年に一回、今後1年以内に新車乗用車の購入を検討している消費者を対象に、次回購入を検討している車のタイプ詳細(車の種類や仕様)や重視点、ブランド認知度や好意度、検討ブランド/モデル、ブランドイメージ、更には新技術に対する興味や関心などを聴取し、消費者の意識や購買行動の実態を明らかにする調査。今年で5回目の実施となる。

調査方法:インターネット
調査対象:今後1年以内に新車乗用車の購入を検討している消費者
※現保有車の有無、新車・中古車の別は問わない
回答者数:10,000人

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。