人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サウナ室内におけるエンタメ問題、最もマッチするBGM、テレビ番組は何か?

2019.12.13

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

 よく行く近くの銭湯サウナで驚いた。

 サウナ室のBGMが、なんかアニメみたいな曲だったんですよ。アニメみたいっていうか、ほら、あるでしょ? コンピューターが人工的に作った女の声が歌うようなの。

 今調べたところ、初音ミクでした、初音ミク。さすがにサウナでこの手の曲聞いたのは初めてだったね〜。いや、初音ミクっていう人名を原稿に書くのもオレ、今が初めてだけど、とにかくその曲が流れてる時のサウナ室の光景は一種独特のものかありましたよ。

 その時、サウナ室にはオレ以外にはオレ以上のオヤジ連が3名いらっしゃったんですけど、なんと。そのうち1名の方は彫物入れてらっしゃいましたからね。それも胸割りの立派なヤツですよ。そんな人が男らしく「ムゥ〜」なんていいながら汗流している横で平然と流れている初音ミクの甲高い声!

 これが一昔前に予言された近未来のカオスっていうヤツでしょうか? 『ブレードランナー』のリドリー・スコットもビックリですよ。

 それでも任侠の方っていうのは器が広いんでしょうね。そんな曲にはまったく興味を示さず、平然と常連仲間同志で競艇の話をされておりました。

 BGMは、その後もアニメなんじゃないか? と思われるような曲が延々と流れていたんだけど、銭湯とかのBGMって100%有線だろうから、たまたまその日はなにかの拍子でその手のチャンネルにしちゃったんでしょうね。

 でもそれで色々と考えてしまいましたよ、サウナ室のBGMについて。

 果たしてサウナ室のBGMに一番会うのはどんな音楽ジャンルなのか? と。

 まぁダントツで人気があるというか、実際に一番多く流れているであろう音楽ジャンルはナツメロですよ。まぁこれは客層にもよると思いますが、オレがよくいくのは銭湯のサウナだから、客もオヤジじゃない? となるとオヤジに似合う音楽ってことでナツメロなんですよ。

 ナツメロの中の細かいジャンルはなんでもイイんですよ、演歌でもムード歌謡でも、なんか高度成長時代の曲が流れてると「あ〜サウナに入ってるなァ〜」という気分が高揚してくる。

 日本にサウナが根付いたのも高度成長期なんで、なにかマッチしてるんでしょうね。個人的にサウナ室で聞いたBGMで、一番印象に残ってるのは小坂一也のエルヴィス・プレスリーのカバーだったんだけど、オヤジならばナツメロが流れていると、なんともまったりとサウナ室で時間を過ごせる。

 それと昔の曲は一曲がだいたい3〜4分じゃない? 3曲聴けばだいたい10分ちょいだっていう時間調整的な意味でもいいんじゃないすかね。

 これがクラシックだと、何分の曲だかわかったもんじゃないから大変だけどさ。あ,、でもでも前にクラシックがかかってる銭湯あったわ! でもオレみたいな学のない人間は、クラシックに興味ないから、時間調整とかそんなことまったく考えずに、逆に自分の体の暖まり方を重視してサウナ室から出れたなァ〜。

 バリ島のスパのサウナで、環境音楽を自分で選べるっていうサウナ室もあったなァ〜。選んだ環境音楽によって照明も変わってくるっていう最新テクノロジー的なシャレたサウナだったけど、そこまでしなくてもという気はちょっとしました。いいよ、演歌で! っていう。

 ようするに音楽ならなんでも許容しちゃうのがサウナなんですよ。ここまで書いて、こんな結論ってのも申し訳ないけどさ。

 しかし、そんな音楽よりも、昔からよく語られてるのが、テレビのあるサウナ室では、どんな番組がいいか? という問題だ!!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。