人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

他県から訪れる観光客に大人気!静岡発のお茶を愉しむプロジェクト「茶事変」

2019.12.07

■茂木雅世のお茶でchill out!

「お茶を愉しむ」という言葉は、ただ単純に「お茶を飲む」という意味を指すだけではないように思います。

お茶を飲んでいる時の場所、時間、一緒に過ごす人の存在…

その時間や空間を含めて、お茶を味わうこと。

それが「お茶を愉しむ」ということなのだなあと私自身も最近改めて強く感じます。

そこにお茶があるだけでなぜだか心があたたかくなる、暮らしが変わる。

そういったお茶の持つ不思議な魅力を、世界中の人と分かちあいたい!と始まった静岡発のプロジェクトが、今年、様々なお茶の楽しみ方を提案しつづけています。

「茶事変」と名付けられたこの取り組み。

2018年~本格的に動き出し、最初はイベントを打ちあれこれと試しながら、核となるコンテンツを見出すため、試行錯誤を続けていたそうですが、その中から現在は、3つのコンテンツに集約されています。

茶畑の中のプライベートティーテラスを貸切できる「茶の間」

本格的なお茶のお酒で夜を楽しむことができる「宵茶」

そして五感を刺激する、サプライズに満ちたお茶席「碗」

中でも「茶の間」は毎週末、予約が入っている程、人気のコンテンツで、実は私も「行きたい!!」とずっとチェックしているもの。

静岡県内6カ所の茶畑の中に設けられた、絶景を見渡せるプライベートティーテラスをまるごと貸切にすることが出来、その茶畑で農家さんがつくっているお茶を頂きながら、のんびりと自由に時間を過ごすことが出来るのです。

訪れる人の4割は静岡県外からのお客様だそうで、ご夫婦やカップルといった2人で、貸切にする方が多いのだとか。

持ち込みも可能なので、お弁当やおやつを持参して、グループでのんびりとお茶のある時間を愉しむというのも最高ですよね。

ああ…知れば知る程、行きたい…!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。