人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ライオンの環境配慮とユーザビリティへの積極的な試み。プラスチックの資源循環「4R」と使いやすさを追求した容器の仕組みとは?

2019.12.08

ユーザビリティからの新しい容器開発

多様化する生活者ニーズへの対応として、使う人の視点に立った容器開発を行っている。持ちやすい容器、つめかえしやすい容器、収納に楽なコンパクトな容器など、ユーザーや使用環境によってさまざまな使いやすさが存在するために、「アクセサブルデザイン」=「人間中心設計」のアプローチで容器開発に取り組む。

〇「ルックプラス バスタブクレンジング」

お風呂掃除は洗剤をかけて、スポンジでこすって、シャワーで流すという作業が必要で、足腰がつらくなったり、服や体が濡れたり、時間もかかる。こうしたユーザーの悩みに対応したのが、浴槽全体にミストを吹きかけて、60秒後にシャワーで流すだけでこすらず洗えるお風呂用洗剤「ルックプラス バスタブクレンジング」。

こすらずに汚れを落とす洗浄力と、浴槽全体にムラなくかけられる容器の開発が必要で、企画から製品化まで7年を要した。従来品のようにシュッ、シュッと吐出、移動を繰り返すのではなく、スプレーしながら腕をスライドさせる新しい方式で、1プッシュで約1メートルの範囲に塗布できる。従来の泡とは違いミストで噴射するので、洗剤が一か所にとどまることなく、すーっと流れていくのがわかる(下記画像の上が従来品、下が「バスタブクレンジング」)。

容器面ではトリガーを引きながら塗布するため、噴霧量を大容量化することが課題になった。シリンダーの径を従来の倍にし、容量を大きくして吐出量を増やしたが、水圧が高くなることでトリガーを引く力が増大化し、固くて引きにくい状態に。そこで、引くレバーの長さを長くして“テコの原理”を活用、指を3本(従来の長さでは2本)掛けられるようにして力を入れやすくした。

しかし、レバーを長くしたことで、斜めにも引きやすくなってしまう問題点も浮上。斜めに引くとシリンダーとピストンの間にすき間ができて液もれに繋がるので、動きを規制するリングを追加した。

〇「トップ スーパーNANOX プッシュボトル」

キャップの計量線が見えづらい、キャップを捻らなくても片手で出せるようにして欲しいというユーザーの声に応えて開発したポンプ型の新容器。

プッシュボトルは棚からボトルを取り、洗剤を投入口に入れて、棚に戻すまで3動作で、かかる時間は11秒と通常品の半分以下に。通話中や子どもを抱えて片手が塞がっている状態でも使えて、計量線が見えにくいシニア層にも使いやすい。

さらに透明ボトルなのでつめかえが見やすくなり、あふれてしまう失敗も防げる。つけ洗いで直接洗剤を塗布するときも、襟や袖口、汚れのスポットに塗りやすい。

【AJの読み】製品の価値は中身だけではない!使いやすく進化する容器にも注目

年間約800tにもおよぶプラスチックごみが海に流出している今、プラスチックごみは喫緊の問題。製品の性質上、プラスチックが多く使われるせっけん・洗剤メーカーは各社で対策を講じており、花王は今年ESG経営に基づいたプラスチック使用量削減の方針を打ち出した。ライオンも生活者と双方向で、ムリやガマンをしなくても自然にエコにつながる「エコの習慣化」を推進していくという。

普段感じる使いにくさや悩みを解決する容器の開発も、生活者にとってはうれしい改善。お風呂掃除はかがんだ姿勢でこすり洗いをしなくてはならず、私も腰痛から専用の電動ブラシを買ったほどだが、身体が疲れるし面倒くさいという悩みにダイレクトで応えたのが「バスタブクレンジング」。

発売当初から反響を呼んでおり、「お風呂掃除が毎日面倒だったからうれしい。時短。楽ちん。最高」「お風呂上りにお掃除するので、手早く掃除ができて湯冷めしないのはありがたい」「面倒くさがりの私には最高のアイテム。せっかちだから60秒はとてもうれしい」などSNSでも話題に。中身だけでなく、使いやすく変化する容器にも注目していきたい。

文/阿部 純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。