人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現場ではいまだ浸透せず?2018年4月に始まった「無期転換ルール」を申請して転換したのはわずか5%

2019.12.05

2018年4月から導入されている「無期転換ルール」。これは、反復更新された有期労働契約が通算5年を超えた際、労働者が申込みをすれば、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるという仕組みのこと。

スタートから間もなく丸2年が経過しようとしているこの「無期転換ルール」だが、世間の人たちからどれくらい認知され、また、利用されているのだろうか?

そこで今回、ディップ株式会社が運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」のユーザー1329名を対象にした「無期転換ルール」に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

「無期転換ルールを知っている」前年より9%増

「無期転換ルールを知っているか」と尋ねる調査が行われたところ、無期転換ルールを「よく知っている」が10%、「少し知っている」が30%と、合わせて40%が多かれ少なかれ知っているという結果になった。前回の2018年2月時点のアンケートの31%と比較すると、約9%増えている。(Q1)

■Q1無期転換ルールを知っているか?

無期転換を「希望する」が「希望しない」を大きく上回る

有期契約労働者を対象に、無期転換を希望するかどうか尋ねる調査が行われたところ、「希望する」のは派遣社員33%、契約社員42%、パート・アルバイト36%となり、それぞれ「希望しない」を大きく上回った。(Q2-1)

希望する理由としては、「更新の不安がなく安心できる」「今の仕事を続けたい」などの意見が見受けられた。(Q2-2)

■Q2-1無期転換を希望するか?

■Q2-2【はたらこねっとユーザーコメント:無期転換を希望する理由】

・将来的に長く続けれる環境を確保したいので。また、次の更新に関する不安を持たずに働きたい。(こいでさん/派遣社員)
・日々更新があるかどうかと不安を持たずに働けるから。(あんちゃんさん/派遣社員)
・長期で勤めることでスキルアップをはかりたいから。(らんらんらんさん/契約社員)
・今の仕事にやりがいを感じており、出来る限り続けたいと思っている。(ポコママさん/パート・アルバイト)

無期転換に申請して転換したのはわずか5%、雇止め・打診された経験がある24%

無期転換へ「申請していない」が84%で最多回答に。「既に申請して転換した」のは5%とごく僅かな結果となった。(Q3-1)また、無期転換を目前に雇止めされた、あるいは打診された経験があるのは24%だった。(Q3-2)

Q3-1無期転換に申請はしたか?

Q3-2雇止めされた、あるいは打診された経験はあるか?

<調査概要>
・ 実施機関:ディップ株式会社
・ 調査対象:はたらこねっとユーザー
・ 実施時期:2019年9月9日(月)~10月6日(日)
・ 調査手法:インターネット調査
・ 有効回答数:1329名

出典元:ディップ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。