人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャッシュレス化の波は「ブックオフ」の買取にも。買取料金をスマホで受け取れるサービス開始

2019.12.08

 法人から個人への支払いにもキャッシュレス化の波が起きている。

 読み終わった本などを買い取って中古販売を行うリユースショップ「BOOKOFF」では、買取代金をキャッシュレスで受け取れるサービス開始をした。11月20日にプレスリリースにて発表した。

 対応するキャッシュレスサービスは以下の通り。

・LINE Pay
・au WALLET プリペイドカード
・Kyash
・ドコモ口座
・ソフトバンクカード

キャッシュレスで受け取る方法は「スマホで受取コース」と呼ぶ。従来より行われている現金での受取も継続する。
引用元:スマホで受取コース/BOOKOFF

 このサービスでは買取査定を受けている間に店内で待機する必要がない。なぜなら現金の授受が必要ないため。

 査定が終わるとスマホに明細を送ってきてくれるので、買取金額に納得したら希望するキャッシュレスサービス先に入金してもらえる。

スマホで受取コースの利用フロー図。スマホを手元に用意しておけば、現金での買取に比べて特別な操作をする必要はない。査定終了後の買取金額をスマホで確認するくらいだ。
引用元:買取代金もキャッシュレスへ一部 BOOKOFF 店舗で電子マネー払い導入/ブックオフグループホールディングス

 11月20日時点で利用可能な店舗は全国125店舗のみだが、プレスリリースによれば、2020年3月には対応店舗が拡大するとのこと。また買取代金をブックオフのポイントで受け取れるサービスも準備を進めている。

ヤマトシステム開発が提供する「マルチバリューチャージサービス」を利用して支払いを依頼する

 キャッシュレスサービスへの支払いは、BOOKOFFが直接個人のキャッシュレスアカウントに支払うのではない。ヤマトシステム開発が開発した「マルチバリューチャージサービス」を利用して支払いを行う。ヤマトシステム開発が発表したプレスリリースによれば、企業がキャッシュレスで支払いを行う決済手段は日本初とのこと。

仕組みはこうだ。

 BOOKOFFにて確定した買取金額をマルチバリューチャージサービス経由でヤマトシステム開発へ支払依頼する。

 依頼を受けたヤマトシステム開発は各々のキャッシュレスサービスに対して支払依頼を行い、BOOKOFFに買取を依頼した個人へ送金を行う。

 キャッシュレスサービスとヤマトシステム開発間で、送金手続きの仕組みが確立されている。したがって個人にキャッシュレスで支払いたい業者は、マルチバリューチャージサービスに接続すればよい。

マルチバリューチャージサービスとしては、以下のキャッシュレスサービスに対応している。

・ドコモ口座
・au WALLET プリペイドカード
・ソフトバンクカード
・Kyash
・EdyギフトID
・nanacoギフト
・Amazonギフト券
・Line Pay

加えてセブン銀行ATMでの現金受取にも対応している。

 各キャッシュレスサービスに対して個別にシステム接続をしたり、支払の事務作業をしたりする必要がない。買取金額の新たな支払方法をできるだけ手間をかけずに構築でき、顧客満足度の向上につなげられる。

文/久我吉史

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。