人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

離れた場所で暮らす親とつながりたい人におすすめ!大画面テレビを中心に利用できる見守りサービス「まごチャンネル with SECOM」

2019.12.18

65才以上の高齢者世帯数は2372万4000に上り、約6割が高齢者のみで暮らしている※。離れて暮らす親は気になるけど、頻繁には帰れないし…。そこで注目なのが新たな親の見守りサービス『まごチャンネル with SECOM』。開発チームを直撃!

セコムとチカクが共同で親の見守りサービスを開始。

『まごチャンネル』一式。記者も実家で使ってみた。

孫の写真をテレビで楽しみながら子は親の見守り

「年老いた親は心配だけど、忙しくて頻繁に帰省できない。せめて孫の写真を送ってあげたいけど、親はスマホをうまく使えないし…」

そんな人におすすめなのがシニア向けIoTサービスを提供するチカクが手がける『まごチャンネル』。実家のテレビに受信機を設置し、専用アプリから写真や動画を送信すると、親はいつでも大画面テレビで閲覧できるというサービスだ。

このサービスに、セコムの見守り機能を追加した『まごチャンネル with SECOM』が新たに登場。セキュリティサービスを展開するセコムとスタートアップ企業・チカクがタッグを組んだ。

セコム・マーケティング部の佐藤弘樹さんによると、

「高齢化が進み、『親の見守り』という検索ワードでの弊社ホームページへのアクセスが、ここ数年増え続けています。本格的な警備サービスは必要ないけど、親の様子が心配だと感じている人に向けた、親の日常をゆるやかに見守る、『たのしい、みまもり。』がコンセプト。
親は家族の写真や動画を楽しみながら、子供はアプリで親の暮らしの様子を確認できる。ちょうどいい距離感で親の見守りができます」

同・マーケティング部の伊達恵子さんは、山梨に住む実家に導入したところ、

「孫の写真や動画だけでなく、ペット、私の昼ご飯など日常のちょっとした風景を撮影して送り、楽しんでもらっています。親は、新着写真や動画を知らせるマークが灯るのを楽しみにしていますよ」。このサービスを通じて、親子の会話も増えたそう。

本体とテレビをつなぎ、リモコンで切り替えるだけ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。