人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電動飛行機、空気いらずのタイヤ、飲む検査器、暮らしがもっと便利になる近未来プロダクツ10選

2019.12.18

先日行なわれたCEATEC 2019の出展品をはじめ、現在開発中のものから、編集のイシザキとタジリが実用化を望むものを厳選。それらが実現するであろう未来も勝手に予想してみた。

最大9人乗れる完全電動の小型機

[2022年実用化予定]Eviation『Alice』

Eviation『Alice』

■ 環境にやさしい電動飛行!

完全電動の小型飛行機。動力源が電気なので、従来のジェット機よりも環境負荷が少ない。最高時速240ノット(約440km)の速さで、650マイル(約1万km)飛行できる性能を目指している。なお、現在想定されている定員は9名。

空気いらずの革命的なタイヤ

[2024年実用化予定]ミシュラン『エアレスタイヤ「UPTIS」』

ミシュラン『エアレスタイヤ「UPTIS」』

■ パンク知らずの中空構造!

世界では毎年約2億本ものタイヤがパンクしたり破損したりして、ゴミになっている。この由々しき問題を解決すべく開発が進んでいるのが、エアレスのタイヤだ。実用化されればタイヤの廃棄量が減り、環境負荷を減らすことができる。

月面で運用予定の探査ビークル

[2023年実用化予定]ispace『超小型惑星探査ローバー「HAKUTO」』

ispace『超小型惑星探査ローバー「HAKUTO」』

■ 賢い人工知能も搭載!

地球資源が枯渇しつつある現在、小型惑星の資源の探査と採掘は重要な命題だ。そんな状況をふまえて開発中なのが『超小型惑星探査ローバー』。現在の構想段階では世界最小・最軽量になる予定で、人類の救世主として期待されている。

便の状態で健康をチェック

[実用化未定]LIXIL『トイレからのお便り』

LIXIL『トイレからのお便り』

LIXIL『トイレからのお便り』

LIXIL『トイレからのお便り』

■ トイレのセンサーがスマホアプリに通知!

健康の把握は、排便管理がとても重要。色や形、大きさにより、体調の異変を察知できるから。ただし、それを確かめるには経験が必要だったが、このAIトイレであれば大丈夫。便座のカメラで撮った便のデータで確認できるようになる。

世界初の太陽光発電カー

[2021年実用化予定]Lightyear『Lightyear One』

Lightyear『Lightyear One』

■ ソーラーパネルでチャージ!

環境保全が叫ばれる中、動力源は従来の燃料から電気への移行が着実に進んでいる。そんな電気をクルマ自体でまかなうという究極のエコを追求しているのが、このクルマだ。太陽光発電に対応し、外部からのエネルギー供給に頼らない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。