人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

債券、米国投資のiDeCo、インパクト投資ほか、増やすための貯蓄&投資を始める際気になるリスクとリターン

2019.12.06

定期預金では心許ないけれど、投資を積極的に行って失敗するのもコワイ…。そんな人に向け、ここでは4つの投資のメリットやデメリット、リスクとリターンの話をまとめてみた。

先物取引を利用した新しい投資信託とは?

国債、地方債、社債、劣後債の違いって?一定期間お金を預けられる人は「債券」を選ぶべき理由

現在、低金利が続いており、銀行の定期預金は年0.01%程度となっています(参考:三菱UFJ銀行「スーパー定期」)。そうは言っても、高い利回りを求めて、元本が割れる恐れのある株式や投資信託に資金を投じるのは怖いと思う方も多いでしょう。そこで、今回ご紹介したいのが、債券です。 投資の知識が不要で、満期まで一定期間置いておくだけで、利息が受け取れ、満期時に元本が返ってくる商品で、金利の低い定期預金に預けるよりおすすめです。

【参考】https://dime.jp/genre/781304/

個人向け年金「iDeco」で中長期投資をするなら米国投資がおすすめの理由

消費税増税をよい機会だと思い投資を始めたい。iDeco(個人型確定拠出年金)を使った年金作りをしよう。こんな風に中長期での投資を考えているなら日本国内の投資よりも米国投資をお勧めしたいです。  なぜ米国投資のほうがよいのでしょうか。その理由を解説しましょう。

【参考】https://dime.jp/genre/777237/

貧困や環境汚染の問題を解決しながら金銭のリターンを得る「社会的インパクト投資」が2年で10倍の3440億円に拡大

資本主義経済で健全な社会を形成するためにどのような投資手法が必要でしょうか。  貧困や環境汚染などを解決し人々のくらしをより豊かにする。社会的な課題を解決しながら金銭のリターンを得るという投資の考え方が「社会的インパクト投資」です。「インパクト投資」という場合もあります。「インパクト」は影響という意味があり、社会的の課題解決にどのような影響をもたらせるかを表現するために使われています。

【参考】https://dime.jp/genre/785469/

先物取引を活用した新しい投資信託の気になるリスクとリターン

先物取引を「上手く」活用した投資信託が人気を博しそうだ。先物取引というとハイリスクで投機のために行う取引というイメージがある。しかし高い投資効率実現のために上手く活用する方法にも使える。  2019年9月現在では以下の3本の投資信託が設定されており、株式の価格下落を小さく抑えつつ大きなリターンを狙うための仕組みがある。

【参考】https://dime.jp/genre/766664/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。