人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やると10年寿命が伸びる!?最も長生きできるスポーツ種目って?

2019.12.07

元プロサッカー選手に高い神経変性疾患リスク

 単なる運動を越えてレクリエーションにもなるスポーツの健康に及ぼす好影響が指摘されているのだが、最近の研究からは気になる報告もある。元プロサッカー選手はアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患での死亡リスクが高まるというのだ。

 英・グラスゴー大学、クイーンエリザベス大学をはじめとする合同研究チームが2019年10月に「The New England Journal of Medicine」で発表した研究では、スコットランドのデータベースに登録された元プロサッカー選手7676名を追跡調査してその死因を一般人2万3028名と比較している。

 収集したデータを分析した結果、元プロサッカー選手は神経変性疾患因死亡リスクが高く、特にアルツハイマー型認知症リスクでの死亡リスクは一般人の5倍に高まるというショッキングな数値が導き出されたのだ。

Daily Mail」より

 引退後すぐに元選手の体調にネガティブな変化が起きるということではなく、70歳までは元選手のほうが一般人よりも総じて健康であった。しかし70歳を超えると元選手の死亡リスクのほうが高まり、特に神経変性疾患因死亡リスクはきわめて高くなったのだ。

 ラグビーやアメリカンフットボール、あるいは格闘技種目ほどではないにはせよ、サッカーにおいてもゲーム中にはそれなりに身体接触を伴う。加えてヘディングの脳への影響は今日でも引き続き懸案事項になっている。

 2002年に逝去した元プロサッカー選手のジェフ・アストル氏は、現役時代にヘディングをし過ぎたために脳にダメージを受けていたのだと一部から指摘されており、ヘディングが脳に与える影響について現在も研究は続けられている。

 運動は総じて健康に資するものだが、脳に衝撃を伴うプレイはやはり懸念材料ではある。身体接触を伴う競技種目は人気が集まるが、健康目的に行うスポーツであれば種目選びは慎重になったほうがよいのかもしれない。

文/仲田しんじ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。