人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やると10年寿命が伸びる!?最も長生きできるスポーツ種目って?

2019.12.07

 スポーツに熱中した経験はその後の生活にどのような影響を及ぼすのだろうか。最新の研究では、クロスカントリーのスキーヤーは後年にうつになりにくいことが報告されている。

スキーヤーは後の人生でうつになりにくい

 ウィンタースポーツのシーズンを迎えたが、スキーやスノーボードは特に熱中しやすいスポーツの代表格だろう。最新の研究では、スキーに熱中した経験を持つ人々の脳の健康状態を20年にもわたって追跡していて興味深い。

 スウェーデン・ルンド大学、ウプサラ大学をはじめとする研究チームが2019年10月に「Alzheimer's Research & Therapy」で発表した研究は、世界最大規模の長距離クロスカントリースキーレースである「ヴァサロペット(Vasaloppet)」の1989年から 2010年までの参加者20万人の脳の健康状態を21年にもわたって追跡している。

 21年の時間軸の中でスキーヤ—と特にスポーツ経験のない人々(コントロールグループ)を比べると、スキーヤーのうつと脳血管性認知症(vascular dementia)の発症率は、スポーツ経験のない人々の約半分にまで低下することが突き止められた。スキーに熱中した体験はその後の脳の健康にポジティブな影響を及ぼしていることが示唆されることになったのだ。

MedicalXpress」より

 しかしながら別の意味で興味深い発見もあった。アルツハイマー型認知症の発症率においては、スキーヤーとコントロールグループの間に有意な差は見られなかったのである。

 研究チームは強度が中程度以上のスポーツ経験は、アルツハイマー病を引き起こす分子プロセスに特に影響を与えないと説明している。しかしながら、身体活動の経験は全般的に脳と身体の健康に資するものであり、特に血管損傷のリスクが低減されることは間違いないということだ。

 これまでの研究でもヴァサロペットに参加した経験を持つスキーヤーは心臓発作を起こすリスクが低いことが示されている。スポーツに熱中した経験は後の人生の健康におおむね好影響を及ぼすと考えてよさそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。