人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドライバーの4割が高いと感じるガソリンの価格は「1ℓ=140円以上」

2019.12.02

「高い」と感じるレギュラーガソリン価格は?

ドライバーにとっての「ガソリン価格」はガソリンスタンド選びの重要ポイント。少しでも価格が安い方を選びたいのは当然だが、一般的に「高い」と感じるのはいくらなのだろうか。

今回パーク24が「ガソリン価格」に関するアンケートを実施したところ、高いと感じるレギュラーガソリン価格は「140円以上/L」が40%で最多となった。

以降、「130円以上/L」22%、「150円以上/L」20%、「120円以上/L」12%の順となっている。過去3回最も多かった「130円以上/L」が、昨年より21ポイント低くなった。

2017年12月から現在に至るまで店頭小売価格※が140円を切ることがなく、2018年10月には、160円になっている。2年弱、「140円以上/L」が続いていることから、「130円以上/L」を「高い」と感じる人が減少していると考えられる。

クルマの所有状況別にみると、所有者が高いと感じるガソリン価格は「140円以上/L」40%、「130円以上/L」22%、「150円以上/L」19%の順だった。

一方、非所有者は、「140円以上/L」36%、「150円以上/L」28%、「130円以上/L」17%となっており、「150円以上/L」は、所有者よりも9ポイント高くなっている。

「160円以上/L」「170円以上/L」と回答した割合も非所有者の方が高く、ガソリン価格に対する感覚に違いがみられた。

ガソリン価格が高騰したら、4人に1人は「ハイブリッド車」の購入を検討

ガソリン価格が高騰した場合、エコカーの購入を検討するかを聞いたところ、「特に検討しない」が45%で昨年よりも8ポイント増加した。

一方、24%が「ハイブリッド車」、18%が「今より燃費の良いガソリン車」、6%が「電気自動車」の購入を検討すると回答しており、購入検討する人が「特に検討しない」を上回っている。

今回の結果は、2017年とほぼ同じ内容となった。2017年のアンケート実施前には、「平成29年度自動車局税制改正要望結果」の「車体課税の見直し」により、エコカー減税の対象車を縮小することが発表された。

その他のコメントに「燃費や車体価格など総合的に判断する」、「ガソリン代だけを理由にはしない」といった声があり、ランニングコストだけではなく、クルマにかかる費用全体を考慮し購入検討する傾向にあるようだ。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。