人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ひとりで出かけたほうがコミュニケーション力がアップする!?ビジネスパーソンが「ソロ活」で得られるもの

2019.12.05

読者のみなさんは、“ソロ活”をご存知だろうか。あえてひとりで行動や体験をして楽しむ“ソロ活動”の略なのだが、一体どのくらいの人が“ソロ活”を楽しんでいるのだろう。そんな疑問に、今回は全国の20歳~69歳の男女ビジネスパーソン(男性500名 女性500名 計1,000名)を対象に「英会話のGaba」が調査した結果を紹介したい。意外なことに、全く関係ないように思える、仕事へプラスに繋がるなるような結果も出ているのだ。

Topic1:ビジネスパーソンの“ソロ活”に対する意識

全国の20歳~69歳の男女ビジネスパーソン1,000名(全回答者)に、普段の過ごし方について質問した結果がこちら。

大人数でいるよりも、ひとりでいる時間が好きな人数がはるかに上回った。

また、ひとりの時間を確保したいと思うかを聞いたところ、「思う」は94.4%、「思わない」は5.6%という結果に。ビジネスパーソンの大多数が、職場の人や家族などと過ごす時間とは別に、自分ひとりで過ごす時間を持ちたいと考えているようだ。

更にソロ活はありだと思うか(肯定的にとらえているか)を聞いたところ、「ありだと思う(肯定派)」は85.6%、「なしだと思う(否定派)」は14.4%で、ソロ活に肯定的な人が大多数という結果に。

つづいて、ソロ活を満喫している人のイメージを聞いたところ「自分を大切にしている」「自立している」「行動力がある」「時間の使い方が上手い」などと、プラスなイメージを持たれていることが明らかになった。

更に興味深いことに、男女別にみると「自立している」(男性29.0%、女性49.6%)や「行動力がある」(男性20.8%、女性45.0%)では、男性と比べて女性のほうが20ポイント以上高い。ビジネスウーマンの多くが、ソロ活を満喫することに対して、「自身の力で生きる力強さ」や「周囲に流されず自身の考えで動けるタフさ」を感じているようだ。

では、そんなソロ活には、実際どんなメリットがあるのだろうか。

Topic2:“ソロ活”の良さって?

ソロ活の良いところを尋ねると、このような結果に。これは前述したソロ活のイメージ、「自分を大切にしている」「自立している」というものにも繋がってきそうだ。とはいえ、ソロ活は単独行動であるから、内にこもってしまうイメージを持つ方も、少なくないかもしれない。しかしソロ活を満喫している人に尋ねると、そんな内向的なイメージとは真逆の、とても意外なメリットがあることが明らかとなったのだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。