人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8人に1人が経験あり!職場で蔓延する「SNSハラスメント」の実態

2019.12.02

セクハラ、パワハラ、モラハラなど……職場で横行する各種ハラスメント。最近ではSNS利用拡大に伴い、「SNSハラスメント」の被害が増えているのをご存じだろうか?

そんな「SNSハラスメント」の実態を追究すべくこのほど、株式会社インプレッション・ラーニングにより、20~69歳の男女1000人を対象にした職場のSNSハラスメントに関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

約8人に1人は職場関係でSNSによるハラスメント

職場に例(※)にあるようなSNSによるセクハラ、パワハラの問題(自分が体験したこと、間接的に見聞きしたことを含む)は、あるか尋ねる調査が行われたところ、11.6%が「ある」と回答した(図1)。

現在、SNSはスマホで主に行われることから、セクハラ、パワハラなどのハラスメントは、もはや「職場」だけでおさまらず、職場外においても「スマホ上」でハラスメントが行われていることが明らかとなった。

<※例>
・いつでも相談できるようにと、私用のLINEのIDを教えるように先輩から求められた。
・上司や後輩を避難、攻撃する内容を投稿した。
・会社行事の写真(上司や家族、同僚、取引先の顔が見える)を意図的、または無自覚に投稿した。
・Facebook の友達申請を嫌いな上司から強要され、断れずにいる。
・新入社員同士のLINEグループのいじめ(不思議と飲み会に誘われない等)や、仲間はずれがある。
・性的に不快感を覚える Instagramを先輩、上司から休憩中に見せられる。

4人に1人以上が、「仕方なく」友達承認

職場の上司、部下、同僚からSNSの友達申請を承認した4人に1人以上の約27%が、「本音は承認したくないけど、やむをえない事情から仕方なく承認した」と回答した(図2)。

調査によると、「職場の上司、部下、同僚からSNS(Facebook等)の友達申請がきたことがあるか?また、申請がきた場合は申請を承認したか?」という問いに対して、「友達申請がきて、承認した」31.2%。「友達申請がきたが、承認しなかった」7.8%。「友達申請がきたことはない」61.0%という結果になった。

承認した人の中で、「本音は承認したくないけど、やむをえない事情から仕方なく承認した人はいるか?」という問いに対して、26.6%が「はい」と答えている。

会社内でのSNSハラスメントのルール化の遅れ

社会にSNSの利用が急激に浸透する中、ハラスメントは職場だけにとどまらず、SNS 上でも起きるようになってきた。

しかし、会社にSNSのハラスメントに対応したルール、ガイドライン等がある会社は、まだ22.1%にとどまっている(図3)。これまでも会社において教育されてきた情報セキュリティーのルールを、ハラスメントの観点からも加えていくことが、今後は求められてくると考えられる。

【調査概要】
調査名: 職場のSNSハラスメントに関する調査
調査手法: インターネットリサーチ
調査地域: 全国47都道府県
調査対象: 20~69歳の男女、役職については部長以下
調査期間 : 2019/5/30〜2019/6/5
有効回答数: 1,000 サンプル
調査主体:株式会社インプレッション・ラーニング

出典元:株式会社インプレッション・ラーニング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。